« 柳家紫文紅葉ライブ | トップページ | 餃子の皮 »

2011年11月21日 (月)

天狗山

榛名山系の天狗山に
行った。

快晴で
雲一つない朝だった。
榛名神社の駐車場に
車を置いて登り始めた。
9:00

落葉松の葉は落ちて
しまっていた。
辛うじてカエデが
残っていた。
Dsc_0041

Dsc_0052

Dsc_0056

Dsc_0063

Dsc_0075

Dsc_0085
花も
虫も
いない。
ときどき
鳥が鳴いたが
カケス、アオジ、シジュウカラ
ヤマガラ、
姿は良く見られなかった。

登ってるのは
わたしたちだけのようだった。
Dsc_0093

11:00
頂上に着く。
汗が冷風に冷やされ
寒かった。
Dsc_0107

Dsc_0109

岩の上に
望遠鏡をセットし
関東平野を眺めた。

もしかして
スカイツリーが
見えるかもしれないと
探した。

「あった」

かすんだ空気の中に
スカイツリーが確認できた。
けいこさんも
確認。
Dsc_0135 

西側の
山々を見ていった。
高崎から見るのと
大分異なるが
八ヶ岳はここだろうと
推測した。
Dsc_0115
   赤岳    横岳   硫黄岳 東天狗


その山並みの
後ろに
白い山が頭だけ
見えた。
左側は雲がかかって見えない。
何だろう?
アルプスの何処だろう?
けいこさんが
「富士山かしら・・・」と言う。

位置的には
甲斐駒ケ岳
あるいは
北岳だ。
頂上のゴツゴツが
大きい。

さて何山なのだろう?
Dsc_0158

左の方に
鉄塔が
立っている山々。
箱根の山々かも知れないと
けいこさんが言う。

さすがに
東京湾は
確認できなかった。

筑波山は
はっきり分かった。
Dsc_0117_3

後ろは
浅間山。
雪を被ってうっすら白い。
Dsc_0111

お結びを食べ
下山。
直ぐのところで
3人の女性と会った。
Dsc_0181

枯れ葉の道を
慎重に降りた。
中腹で鳥の声
けいこさんが
「ゴジュウカラよ」
と言う。
なかなか探せない。
偶然
ファインダーの中に
入った。
Dsc_0184

山道に注意書きが
幾つもあった。
『とっても(撮っても)良いのは
写真だけ』

撮ったのは
ゴジュウカラとカワラヒワだけ
『とっても良かったのは
ゴジュウカラ』

13:00
駐車場着。

4時間の
山行だった。
参考になるかな?

|

« 柳家紫文紅葉ライブ | トップページ | 餃子の皮 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183945/53303518

この記事へのトラックバック一覧です: 天狗山:

« 柳家紫文紅葉ライブ | トップページ | 餃子の皮 »