« 佐藤けい・森乃めぐみ 作陶二人展 | トップページ | 小春日のなかで 練習12回目 »

2011年11月15日 (火)

え!

昼前
電話で
迷道院さんに
「佐藤けいさんの個展の見たあと
資料を借りに伺います」
と言うと
「そうですか。
個展やっているの知っていますよ。
それではお待ちしています」
と言う返事だったが
彼のことを
知っている雰囲気を感じた。

それで
開口一番
迷道院さんに
そのことを聞いてみた。

すると
「中学が同じだったんですよ」

「え!」



同窓会では
会っているとのこと。

それには驚いた。

話してみると
中学時代の
陶芸家のことをよく知っていた。

そんな関係とは
露知らず、
先程は
一生懸命
「迷道院さん」のことを
陶芸家に
知らせていたのだ。

今度は
陶芸家のブログを
迷道院さんに
伝えなくてはと
陶芸家のブログの
アドレスが載っているパンフレットを
渡した。

二人は
それぞれ充実したブログを
アップしている。
その二つが
リンクすれば
また
輪が大きくなることは
間違いない。


今日は
ブログ・リンクの
キューピット記念日。

|

« 佐藤けい・森乃めぐみ 作陶二人展 | トップページ | 小春日のなかで 練習12回目 »

コメント

いやー、これがご縁というものですね。
いちじんさんとの出会いも、五万石騒動のブログでしたものね。

彼が高崎のことを憂いてるというのは、嬉しいことです。
いつかそのことについて、ゆっくり話し合いたいものです。
彼はまだ迷道院が誰だか気付いてないと思いますので、その日が来るのが楽しみです。


あ、20日の紫文さんのライブに来てもらえたらいいな。
キューピットさん、よろしくお願いいたします。

投稿: 迷道院高崎 | 2011年11月16日 (水) 19:35

あの日、迷道院さんのことを
伝えるに当たって、
20日に
観音山で紫文さんのライブが
あることを紹介しました。 
長谷川平蔵も
都々逸も話題にしたのですが
あいにく19日から
いわき市で個展があるとのことでした。

長谷川平蔵(鬼平)は
池波正太郎が作り上げた
想像上の人物かと思っていたのですが
お借りした資料によると
立派な歴史上の人物でした。

知らないことの
多いことを
またまた自覚いたしました。

投稿: いちじん | 2011年11月16日 (水) 22:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183945/53255736

この記事へのトラックバック一覧です: え!:

« 佐藤けい・森乃めぐみ 作陶二人展 | トップページ | 小春日のなかで 練習12回目 »