« 二百三高地 | トップページ | 蕎麦打ち実習 »

2011年12月13日 (火)

瘤取り爺さん

Img

この写真は
昭和29年10月
保育園の文化祭での一こま。

わたし年長組で6歳。
(第2回生)

演じているのは
『こぶ取り爺さん』の悪い方の
爺さんだ。

前日まで
悪い爺さん役を抵抗無く
練習していたが
本番になって
大勢の前で
悪役を演じることが
急に嫌になって
泣いて出演拒否。

母にいろいろなだめられた。
母が十円くれると言ったので
最終的に
出ることにしたのかもしれない。
しぶしぶ泣き面で出たのを
記憶している。

こぶを取ってくれるであろう鬼を
待っているところだ。

この後
瘤を取ってもらえるどころか
瘤をもう一つ付けられて
しまう。

それ以来
わたしはこぶを二つ
身に着けて
生きて来た。

こぶ1 いざとなると愚図る。

こぶ2 でも、人前に出るのが好きで目立ちたがりや。

|

« 二百三高地 | トップページ | 蕎麦打ち実習 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183945/53474451

この記事へのトラックバック一覧です: 瘤取り爺さん:

« 二百三高地 | トップページ | 蕎麦打ち実習 »