« 少林山は遠かった | トップページ | 孫誕生 »

2012年1月 7日 (土)

小山実稚恵ピアノリサイタル

高崎市文化会館
14:00~

体重を減らすために
徒歩で行った。

ショパン10曲と
リスト2曲と
ドビュッシー3曲を
演奏した。

ショパンは馴染みある曲だったので
聴きやすかった。

何しろ
力強く
迫力のある演奏だった。
「子犬のワルツ」は
「成犬のワルツ」のように
聞こえた。

最後の音の響きが
消えてから
拍手が始まった。
ピアノの音を
大切にした
演奏だった。

一番の圧巻は
ドビュッシーの「花火」だ。
その速さといい、
指さばきといい、
そのテクニックは
見事だった。

アンコールには
3回応えてくれた。

終了後
CDのサイン会があった。
けいこさんは
CDを買い、サインしてもらった。
別れ際に握手をしたら
とても暖かい手だったそうだ。

あれだけ激しい
演奏をしたのだから
手も熱くなるのは
当然だと思った。

参考

プログラム

ショパン:ノクターン 第 2番 変ホ長調 作品9-2
ショパン:ワルツ 第7番 嬰ハ短調 作品64-2
ショパン:ワルツ  第6番 変ニ長調 作品64-1「小犬のワルツ」
ショパン:ワルツ 第9番 変イ長調 作品69-1「別れのワルツ」
ショパン:ワルツ 第10番 ロ短調 作品69?2
ショパン:ワルツ 第2番 変イ長調 作品34-1「華麗なる円舞曲」
ショパン:ポロネーズ 第6番 変イ長調 作品53「英雄」
リスト:愛の夢 第3番 変イ長調
リスト:パガニーニによる大練習曲より 第3番「ラ・カンパネラ(鐘)」     

休憩

ドビュッシー:第1集 第8曲「亜麻色の髪の乙女」
ドビュッシー:第1集 第5曲「アナカプリの丘」
ドビュッシー:第2集 第12曲「花火」
ショパン:ピアノ協奏曲第2番より第2楽章 変イ長調 ラルゲット
      (ピアノ・ソロ版)
ショパン:バラード 第1番 ト短調 作品23
ショパン:アンダンテスピアナートと華麗なる大ポロネーズ 作品22

|

« 少林山は遠かった | トップページ | 孫誕生 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183945/53681528

この記事へのトラックバック一覧です: 小山実稚恵ピアノリサイタル:

« 少林山は遠かった | トップページ | 孫誕生 »