« 朗報が4つも | トップページ | 井野川のヨシガモ »

2012年1月28日 (土)

群響 第478回定期演奏会

マーラー/ 交響曲 第3番 ニ短調

指揮 沼尻竜典(群響常任指揮者)

以下パンフより
マーラーの交響曲第3番は、
全6楽章トータルの演奏時間が100分、
第1楽章だけでベートヴェンの中期交響曲1作ぶんの長さがある。
全編を貫く巨大編成のオーケストラに、
後半3つの楽章で順に、
アルト独唱、児童合唱、混声合唱が参加していく。
作曲者はこの曲について、弟子のB.ワルターにこう漏らした。
「君はもう、野の花や自然を見る必要はないよ。
私が音楽で全部表してしまったから」。

マーラーの第3番1楽章は
40分近くあった。
最終の6楽章まで
身動きしないで聞いていたので
尻が痛くなってしまった。

満席だったが
静かに
聞き入っていた。

演奏後に
指揮者の沼尻さんが
トークに出た。
100分は短かった。
ピアニッシモになると
空調の音の方が大きくなってしまったが
全国でも珍しいホールだ。
皆さんが静かに聴いて
下さったので演奏しやすかった。

来年度は特にテーマは
設けないで
いろいろな演奏をしていきたい。
わたしの作曲の先生である
三好晃の作品を紹介していきたい。

自信に満ちた
話しぶりであった。

反省
同窓会の直後であったので
酔いが回って
記憶にないところがある。

|

« 朗報が4つも | トップページ | 井野川のヨシガモ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183945/53850004

この記事へのトラックバック一覧です: 群響 第478回定期演奏会:

« 朗報が4つも | トップページ | 井野川のヨシガモ »