« 101歳で逝ったM先生の告別式 | トップページ | 今年の目標は減量 »

2012年1月 6日 (金)

隣に座った方が・・・

M先生の
告別式には
開式まで30分ほど時間があったので
前の方に座った。

隣の方は
M先生が長らく務めた
佐野小学校の卒業生だった。
下之城の細野さんで
母より2歳下であったが
母のことを
知っていたので
話が弾んだ。

小学校の4年生の時
無くなった従兄弟の
絹太と同級生だと知って
また
驚いた。

下之城で
細野と言えば
『高崎五万石騒動』の著者
細野格城だ。
そこで
聴いてみた。
「わたしは高崎五万石騒動研究会で
騒動関係のことを
調べていますが
一番重要な本を書かれた
細野格城さんを
知っていますか?」
「それは
わたしのお祖父さんだよ。
その本の原本を1冊だけ持っているよ」
と。
「そうでしたか。
わたしは、格城さんを真似て
この髭を
伸ばしているんです」
と言うと
「祖父さんのは
もっと長くて立派だったよ」

焼香前に
電話番号を
教えてもらった。
近々
細野さん宅を
お尋ねしたいと思った。

M先生が
細野さんと
引き合わせてくれたのだ。

感謝です。

|

« 101歳で逝ったM先生の告別式 | トップページ | 今年の目標は減量 »

コメント

すごい出会いですね!
これこそ、お導きというものです。
やはり偶然というのは無くて、すべてが必然なんでしょうね。
いやー、すごいです!

投稿: 迷道院高崎 | 2012年1月 7日 (土) 20:30

どうして
あの時
あの席に座ったのだろうか?
係の方に
一番前の列の席を案内されたのですが
そんな席は
とんでもないと思って
前から3列目のその席に座ったのでした。

高崎五万石騒動かるたを
お持ちしたいと
思っています。

投稿: いちじん | 2012年1月 7日 (土) 22:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183945/53675702

この記事へのトラックバック一覧です: 隣に座った方が・・・:

« 101歳で逝ったM先生の告別式 | トップページ | 今年の目標は減量 »