« 酔いが回って・・・ | トップページ | 素人診断の誤り »

2012年1月13日 (金)

電話2、メール1 五万石騒動デイだ

電話1(石原和三郎)
土屋文明記念館へ
企画展『童謡のふるさと』の記念誌を
編集された担当に
問い合わせた。
その記念誌に記載された
けいこさんの中学時代の恩師
浜欽哉先生の記事を
コピーして
クラスメイトに
配布したいが・・・
「そう言う理由でしたら
よろしいかと思います」
と許可してもらった。

電話2(五万石騒動)
1月6日に行われた
101歳のM先生の葬儀で
隣に座った細野さんが
今日、わたしの留守中に
我が家に来たというので
電話した。
「あの日は細野格城のことを
詳しく話せなかったので伺ったが、
いなかったので・・・」

「そうでしたか
それは、ありがとうございました。
それで
格城とどういう関係でしたか?
お祖父さんにあたるのですか?」
「格城はわたしの父のおじさんでね。
格城の子供は早くに亡くなってしまったんですよ。
葬式の時、あの本(『五万石騒動』)を
みんな配ってしまったので
今は1冊しかないよ」

「今度、お伺いして
お話しをお聴きしたいのですが・・・」
「来る時は電話してください。
格城が残した本などがあるから
見せますよ」

「その時は
よろしくお願いします」
明日は
高崎五万石騒動研究会の例会だ。
このことを
皆さんに伝えよう。

メール1(五万石騒動)
高崎を愛する会のYさんから
しばらく振りにメールがあった。
高崎五万石騒動の資料についての
情報だった。
その雑誌の表紙と目次が添付されていた。
ありがたいことだ。
添付を開けてみると
見覚えのある雑誌だった。
以前、歴史とは関係のない会だったが
偶然、その雑誌を見つけて買ったような気がした。
早速、本箱を確認した。
あった。
そこで、Yさんに
その旨、返信した。

今日は五万石騒動に関することが
2件もあった。
今日は
五万石騒動デイだ。

|

« 酔いが回って・・・ | トップページ | 素人診断の誤り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183945/53729381

この記事へのトラックバック一覧です: 電話2、メール1 五万石騒動デイだ:

« 酔いが回って・・・ | トップページ | 素人診断の誤り »