« 孫誕生 | トップページ | 若冲(じゃくちゅう) »

2012年1月 8日 (日)

二十歳を祝う会

現役時代に教えた
子供たちが
成人式を迎えた。

祝う会に
出席した。

元気に
それぞれの道を
歩んでいた。

当時の写真を
大画面で見た。
10年前の自分が
時々子供たちと一緒に
出て来た。

髪も黒ければ
髭も無く
今より
スマートだった。

夜は
祝賀会。

保護者の言葉が
心に響いた。

これからの人生が
豊かであることを
願うばかりだ。

新成人
おめでとう。



成人式と言えば
思い出す。

遙か43年前
高崎市では成人式を
音楽センターで行っていた。

団塊の真ん中で
新成人が多くて
その頃は
午前と午後の2回に分けて
行った。

わたしは
午前の部で
成人の誓いを
代表で言った。

昭和43年の秋
中3の担任だったN先生から
突然、呼び出された。
成人の誓いをする当番校が
佐野中なので
生徒会長をしていたいちじんがやれ、
いちじんの好きなように書いて
来いというので
思う存分
書いて持って行った。

個人的内容だからと
一部カットされたが
ほとんど良かった。

「春は花 夏ほととぎす 秋は月
 冬雪冴えて 涼しかりけり」
と川端康成がノーベル賞授賞式の
記念公演で世界に紹介した道元禅師の短歌から始めた。

国立コロニーが建設中であったので
そのことも言った。

最後に
高崎を福祉都市にして行くよう
努力したいと
結んだのだった。

わたしの青年の誓いなど
誰も覚えていないだろうが
わたしには
消えない記憶として
今も鮮明にある。

巻紙に筆で清書してくれた
父もいない。
誰よりも喜んでくれた
母もいない。

あっという間の
43年間だった。
「無常迅速」という
言葉が
身にしみる。

|

« 孫誕生 | トップページ | 若冲(じゃくちゅう) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183945/53691807

この記事へのトラックバック一覧です: 二十歳を祝う会:

« 孫誕生 | トップページ | 若冲(じゃくちゅう) »