« ピアノ愛好会「アルペジオ」 | トップページ | バレンボイムの仕事 »

2012年2月 5日 (日)

高峰高原でスノーシュー

上信越自動車道の
小諸で降りて高峰高原に向かった。
麓は雲がかかっていた。
霧が氷結して木々が美しかった。

途中から道路に雪があった。
頂上に近づくと空は晴れていた。

駐車場で
黒斑山に登るというご夫婦と話をしたら
一緒に行きたくなったが
計画通り
高峰山に登ることにした。

スノーシューを履き
1メートルくらい積もった雪道を
進んだ。
Dsc_0077

コースは踏み固められていて
外れなければ
スムーズに登れた。
外れると膝まで埋まってしまった。
Dsc_0079

尾根筋に出ると
風が強く吹きつけた。
Dsc_0085

Dsc_0088

左前方が
高峰山 2108m
Dsc_0089

Dsc_0098

11:00
頂上には
人影がなかった。
360度見渡せた。

南に富士山が見えた。
Dsc_0105

Dsc_0133

八ヶ岳が近くに見えた。
Dsc_0113

山頂でポーズ
Dsc_0159

北アルプスが見えた。
目を凝らすと
槍ヶ岳
Dsc_0145

御嶽山
Dsc_0136

お昼には
早かったので
高峰温泉方面に
降りた。
Dsc_0167

Dsc_0170

そこから
水之塔山の途中まで
登り、
Dsc_0200

雪道で立って
おにぎりを食べた。
それ以上登るのは
困難なので降りた。
Dsc_0209

高峰温泉から
車坂峠に行く自動車道は
閉鎖されて通れなかった。
しかたなく
スノーシューを脱いで
リュックに着けて
雪上車の道を辿って
アサマ2000スキー場へ
降りて行った。
Dsc_0193

Dsc_0223 

思いの外
下ってしまったので
駐車場まで登りあげるのが
大変だった。
Dsc_0225

汗びっしょりになったので
高峰高原ホテルの温泉に入って
汗を流し冷えた身体を
暖めた。
湯船から八ヶ岳が
目の前に見えた。
けいこさんは感激していた。

今日のスノーシューで
体重が落ちた。

起床時の体重   82.3Kg
帰宅時の体重   81.1Kg
就寝時の体重   81.6Kg

起床時より就寝時の方がいつも多くなるのだが
今日は0.7Kg 減った。

これ登山減量法だ!

|

« ピアノ愛好会「アルペジオ」 | トップページ | バレンボイムの仕事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183945/53911181

この記事へのトラックバック一覧です: 高峰高原でスノーシュー:

« ピアノ愛好会「アルペジオ」 | トップページ | バレンボイムの仕事 »