« 小春日のなかで 練習最終回 | トップページ | 積雪の相馬山 »

2012年2月26日 (日)

小春日のなかで 本番当日

9:00集合

打合せ
舞台下に集まって
演出から今日の予定を聴いた。

メイク
昨日の反省を生かして
白髪を黒くした。

だめ出し
舞台で幾つかの場面を
取り出し最終確認をした。

11:30
昼食
去年と同じ
登利平の鳥めし弁当だった。

13:30
舞台で全員が輪になり
手を重ねて成功を誓う。

14:00
開演

プロンプター
名前を間違えたのは
直せない。
飛び越しが
幾つかあったが
元に戻せない。

司会役
どうにか滞ることなく
言えた。
めくりの出し入れも
演出に言われて
できた。

13:15
来場者の見送り。
チケットを買ってくれた人には
全員会えた。
わざわざ来てくれた
迷道院さんご夫妻にも
挨拶ができた。

18:30
打ち上げ
全員が一言ずつ
感想を言った。
わたしはプロンプターで
皆さんの言うセリフを
ひとつひとつ確認していたら
稽古で頑張っていたみなさんの姿が
思い浮かび
こみ上げてしまったと言った。

カラオケ
一人1曲だった
『・・・燃えながら暮らすこと』という
歌詞が好きなので
谷村新司の「日はまた昇る」を歌った。
去年も同じ歌を歌ったのかなぁ・・・

21:00
お開き

二次会
『青春の詩』に行って
マスターのギターの演奏を聴きいたり、
フォークを歌ったり、
焼酎を飲んだりして
楽しかった。
メンバーは7人だった。

23:00
お開き

良い一日だった。

|

« 小春日のなかで 練習最終回 | トップページ | 積雪の相馬山 »

コメント

お疲れさまでしたー!
皆さん、楽しそうでしたねー!
観客の皆さんも、笑ったり、鼻をすすったり、手を叩いたり、楽しそうでした。
ずっと続けられるといいですね。
ありがとうございました。

投稿: 迷道院高崎 | 2012年2月27日 (月) 19:44

箕郷文化会館まで
足を運んで頂き
ありがとうございました。

市の方では
来年も市民演劇を
実施するとのことです。
参加を希望する人が
増えると良いんですが・・・

投稿: いちじん | 2012年2月27日 (月) 21:40

 お久しぶりです あれから本番翌日には上京し一週間老母の介護 3/3に高崎に戻り漸く一段落したところです いろいろとお世話になりました 昨日孫達の前で杖で歩く仕草をみせたところ「グンマ爺はお年寄りをしていたね」との評 これには照れるやら嬉しいやらで・・ この度は還暦後としては滅多に無い貴重な体験でした勿論いちじんさんを始めとして多くの方達との邂逅はこれからの小生の人生でひときわ光芒を放つものとして残るでしょう さて明日は「啓蟄」 次は何に挑戦しますかネ 有難うございました それではお元気で!
  

投稿: 吉田厚夫 | 2012年3月 4日 (日) 13:23

お母さんの介護、ご苦労様です。
半年間、お世話になりました。
振り返ってみると
半年なんてあっという間で
ああしておけば・・・
こうしておけば・・・
と反省すればキリがありません。

3月24日から
1週間の日程でケニアへ
アニマルウォッチングに
行ってきます。
いつか、モンゴルへ行って
ジンギスカン(?)を
馬に跨って追い回してみたいと
思っています。

投稿: いちじん | 2012年3月 4日 (日) 23:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183945/54088063

この記事へのトラックバック一覧です: 小春日のなかで 本番当日:

« 小春日のなかで 練習最終回 | トップページ | 積雪の相馬山 »