« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月31日 (土)

帰高

関空の近くのホテルで
一泊し、
関空から朝2番のANAに乗り
強風のため20分くらい
遅れて羽田に着いた。

JRも強風で混乱
在来線でやっと帰ってきた。
スーツケースを一緒に
持ち帰ったので
大変だった。

日本の真夏のようなケニアから
冬のような高崎に
帰ってきた。

体重は
昨夜、75.8Kgという驚異的な記録だったが
今朝、76.4Kg
今夜、77.3kgと
急激に回復してしまった。

でも、3月の目標78.0Kgは
完全クリアー。

要因は
サファリカーに
非常に激しく揺さぶられ、
食事を控え目にしたためと
思われる。

4月の目標は76.0Kgだ。

ここまでいけば
1月から
10.0Kgの減量ということになる。

さて、頑張れるか?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年3月24日 (土)

旅の計画

2回目のケニア

今回は『マサイ・マラの小さなロッジで過ごすケニア』
というツアーだ。

出発 3月25日 00:20 関西国際空港

           05:50 ドーハ到着 トラジット約2時間

出発        07:30 ドーハ空港

           12:50 ナイロビ到着

マサイマラまで5時間のドライブ

サファリは

26日27日28日の3日間。

旅行社に問い合わせたら
ドライバーは
3年前お世話になったジェームスだった。

今回は9人のツアーで
2台の車を使う。
前回と同じ車かな?
チェンジしていることを祈る。

そう、前回はエンストして
車を押してエンジンをかけたことが
あったのだ。

帰りは

逆コースで

到着 3月30日 17:10 関西国際空港

    この日は遅いので空港近くのホテル泊

出発 3月31日 8:10 関西空港

到着        9:25 羽田空港

高崎へは 14:00頃着予定

ということで
しばらくブログはお休み。

1回目のケニアをどうぞ(by けいこさん)
2009.6
http://sky.ap.teacup.com/kenya/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月23日 (金)

甲子園へ応援に

7:00高崎駅集合

高崎駅7時37分で東京8時36分着、

9時03分ひかりで東京発、

新大阪12時03分着、

甲子園駅13時着。

高崎高校と近江高校との試合開始時刻 14:00

雨天延期にならないと良いのだが・・・


付記

6:30 準備して出かけようとしたら

NHKのニュースで

今日の試合は中止との知らせ。

残念!

8:30 明日は無理なので、旅行代金の返金を受けに
     行ってきた。
     応援用の赤いメガフォンをもらってきた。
     明日試合があれば
     このメガフォンを使って
     テレビ応援だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月22日 (木)

ヒマラヤのサクラソウ

冬の間は
枯葉をかけていた
ヒマラヤのサクラソウが
咲き出した。
Yさんから頂いたものだ。
清楚で
可憐な
サクラソウだ。
Dsc_0004

葉が力強い。
Dsc_0005

クリスマスローズが
開いてきた。
しっかりした花弁
花期も長いようだ。
Dsc_0019

例年より
寒さが厳しいので
開花が遅く
花期も長い。

今年の桜は
いつ頃開花になるのだろうか?
2週間くらい遅れるのでは
ないかと予想している。
4月10日前後。

気象予報官は
1週間程度の遅れのようだと
言っている。

さて、どうなるだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

my dairy

CONCERT

We went to a concert last night.

We heard a piano and a cell and a violin.

The piano player was Yulia who played our home concert two years ago.

The cell player was Fanny whose daughter was my grandchild's friend.

KOUSHIEN

I will go to Koushien tomorrow.

I am going to see a baseballgame Takasaki High School.

But, it will be rain at Koushien.
                         in

I must have a raincoat.

I will come back at home at 22o'clock tomorrow evening.
                                      10

KENIA

We will go to Kenia the day after tomorrow.

I am going to watch many wild animals and birds.

We will stay at a tent near Masai Mara National Reserve.

SUWAHIRI

Hello is Jambo.

Goodbye is Kwaheri.

Thank you is Asant Sana.

What is your name ? is Jina Lako Ni Nani ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月21日 (水)

トリオ・アンファリアのコンサート

会場 高崎シティーギャラリーコアホール

開演 19:00~

演奏者

高杉 ヴァイオリン 中国

ファニー・プザルク チェロ フランス

ユリヤ・レヴ ピアノ ロシア

このアンファリアという名前は
3人の名前の一部を組みあわせて
作ったもので特に意味はない。

テーマ ピアノ3重奏曲

1 ハイドン ピアノ3重奏曲 第27番

2 ドビュッシー ピアノ3重奏曲 ト短調

中休み

3 メンデルスゾーン ピアノ3重奏曲 第1番

アンコール

ロシアの曲

中国の曲

3人の意気が合っていて
聞きやすかった。

司会をファニーさんが
アットホームなしゃべりで
楽しかった。

会場はほぼ満員
ユリヤさんが合唱団のピアノ伴奏を
しているので
その関係者が多いようだった。

ファニーさんは
長い右腕を伸ばし、
二人の肩を組んでしまったのには
驚いた。

アンコールの中国の曲は
初めてだった。
速いテンポと
中国らしい曲想に
引き込まれた。

2013年3月17日に
『たまごコンサート』で
演奏予定とのこと。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月20日 (火)

おはぎ

お彼岸の中日なので
おはぎを作った。

あんこ

小豆 900g
砂糖 700g
塩   少々

1 小豆をたっぷりの水で煮る。
  水が少なくなったら、冷水を足す。(びっくり水)

2 ぶつぶつ煮えたぎってもかき混ぜない。
  そのままにしておけば焦げないで水分が飛ぶ。
  途中でかき混ぜると焦げる。(義母のアドバイス)

  ところが、そのことを知らないで
  かき混ぜてしまったから、
  ずっとかき混ぜることになってしまった。 

3 十分小豆が軟らかくなったら
  砂糖を入れる。

  水分を十分飛ばしきらないうちに
  砂糖を入れたので、
  緩くてなかなか固くならなかった。

4 次の朝、冷めてどうにか固くなった。

餅米 5合

1 柔らかめなおはぎにするため、
  水を標準より多く入れる。

2 すりこぎ棒で搗いて半殺しにする。

おはぎ

1 始め、ラップを使ったが
  餅と餡が軟らかくて上手く作れない。

2 数個作った段階で濡れ布巾を使うことを思い出し、
  やってみたら綺麗に仕上がるようになった。

3 3人で54個作った。

頑張りすぎて、おはぎの画像を撮るのを
忘れてしまった。
残念!

親戚や近所に配ったが
少し量が多すぎたので
次回はもう少し減らそうということになった。

付記

長男
「お店で買ったのより、
甘さが控え目で美味しかった」

わたしはダイエットのため
朝食 1個
昼食 1個
夕食 1個
合計 3個食べた。
それは旨かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月19日 (月)

五霊神社の御嶽山火渡り大祭

14:00から火が点くというので
出かけた。
Dsc_0312

神社の近くに行くと
消防車が来ていた。
神社の方へホースを繋げていた。

既に火は点いていた。
白装束の人たちが
呪文を唱えて
火の周りを回っていた。
右回り。
Dsc_0315

地元の人
撮影する人
消防の人が
その周りを囲んで
見ていた。
Dsc_0328

火の勢いが山場になったら
竹の棒で薪を平にした。

両サイドに
塩が敷かれた。

そして
いよいよ火渡り。
始にリーダーが
両手を組みあわせて
印(いろいろな形)を結び
祈った。
そして
渡った。
Dsc_0335

20人余りの人が
火の上を渡った。

見物客で希望する人が
靴下を脱いで
渡った。

それが済むと
白装束の人たちが
火の周りを回り出した。
左回り。

終わると
一般の人が
両サイドにあった塩を
袋に入れ始めた。
この塩に御利益が
あるのだろう・・・
甲子園の球児達が負けたあと
球場の土を
袋に詰めている姿と
重なった。

終了すると
直ぐに消防士達が
火に水をかけていた。

強風の中での
火渡りの行事が無事済んだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

井野川の鳥見

11:00~12:30
晴れ
強風

いつもの場所に
オシドリは居た。
Dsc_0028

北風の吹き付ける
岸辺で草を食べていた。
Dsc_0208

水際に来ては
水を飲んでいた。
Dsc_0115

Dsc_0120

良かった。

その他の鳥

カルガモ、コガモ、ヒドリガモ、カワウ、イソシギ

ツグミ、カワラヒワ、セグロセキレイ、ハクセキレイ、キセキレイ

ムクドリ、ヒヨドリ、スズメ、キジバト、ハシボソガラス

カワセミ、ウグイス(声・初鳴き)

全部で18種

Dsc_0006
ヒドリガモ♂

Dsc_0139
カワセミ♀

Dsc_0168
カワラヒワ

Dsc_0187
カワラヒワ(おまけ)

Dsc_0250
セグロセキレイ

Dsc_0282
スズメ



Dsc_0306
ツグミ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月18日 (日)

数独

土曜日は朝日に
日曜日は読売に
数独問題が出る。

昨夜は朝日の数独。
★5で一番難解な問題。
用意ドン!
★5が
やり直しをすることなく
解けた。
だから以前より早く
解けるようになった。

今夜は読売の数独。
読売は難易度不明。
朝日よりいつも易しい。
用意ドン!
やり始めは
ちょっと難解に思われたが、
しばらくしたら簡単に
数字が入り出して
完成。

両方とも
わたしの方が早く
解けた。
けいこさん
「右手が使えないから
書いたり、消したりに時間が
かかって、遅いの」

右手の怪我が直れば、
わたしより早く
できるとのこと。

とにもかくにも
二人とも
確実に
進歩している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手巻き寿司

今日は2家族(長男・次男)を呼んで
昼食会をした。

米は8合
すし酢はけいこさんが
ネットで調べて
砂糖 150g
塩      50g
酢    220g
で作った。

酢メシは
米1合に対してすし酢を
40cc入れた。

材料は近くの鮮魚店で購入
マグロ
ネギトロ
ヤリイカ
サーモン
甘エビ(少々)
カニ(少々)
生タコ
ホタテ
イクラ(少々)
卵焼き
キュウリ
大葉

Dsc_0003

ダイエット中で
押さえたつもりだが
手巻き寿司
食べ過ぎてしまった。

残りは
息子達に持ち帰ってもらった。

反省
砂糖はもう少し減らした方が
良いと言うことになった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月17日 (土)

群響480回 定期演奏会

群響のHPより

ボロディン/ 歌劇《イーゴリ公》より 〈だったんじんの踊り〉
ラヴェル/《シェエラザード》
ベルリオーズ/ 幻想交響曲 作品14

〈だったんじんの踊り〉は中央アジアのメロディーを取り入れた
異国風の大人気作。

そしてラヴェルの〈シェヘラザード〉は、
20世紀初頭のヨーロッパ人が空想した、
神秘とおとぎの国アジアを歌ったオケ伴つき大規模歌曲。
ソプラノ 中嶋彰子

〈幻想交響曲〉は、ベートーヴェンの死後まだ3年の時点で
パリに出現した驚天動地のオーケストレーションによる
当時の前衛音楽。

オーストラリア出身のヴァイオリニストで指揮者、ミルトンの棒さばきに期待。

ボロディンの曲は全体的に
旋律が滑らかで聞きやすかった。

ラヴェルのシェラザードを
中嶋彰子が歌った。
声があまり出ていなかった。
流すように歌っていたように感じられた。
演奏後のふれあいトークで
初めて歌った曲と言っていたが
頷けた。

ベルリオーズの幻想交響曲は
指揮者ミルトンが
力強く全身で棒を振っていて
気持ち良かった。
その内、頭角を現す指揮者だと
思われた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リンクで南米音楽

『リンク』は3月31日で
活動を閉じる。
残念だ。

今日は
南米の音楽の
演奏会があったので
出かけた。

定期的に毎月
この演奏会をしていたそうだが
わたしは初めてだった。

ケイナとサンポーニャの
音色が良かった。

Dsc_0053
二人のエネルギッシュな
ステップ。

Dsc_0061
ここでのTさんコーヒーも
今日が最後。
演奏会後に
ゆっくり味わった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

五霊神社古墳発掘調査現地説明会

五霊神社の南にある
東部公民館を建て替えるため
発掘調査を行っている。

五霊神社は
前方後円墳の上に建立されている。
その古墳の堀のある場所に
新しい東部公民館が建つ。

この堀から出た
遺物の説明会を聴きに行った。

出たもの

 人物埴輪の腕の一部

 円筒埴輪の破片

 高坏の破片

 須恵器の破片

分かったこと

 幅15メートルの堀が
 古墳周辺を巡らされていた。

 この古墳は6世紀後半に
 造られたとのこと。
 浅間の噴灰で特定できるそうだ。

2週間後に土が戻されて
工事が始まるとのこと。
1450年前に
古墳に葬られた人物が
この地に生きていたのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高崎五万石騒動研究会 3月例会

今月は辞世の歌について
話し合った。

処刑された3人に
それぞれ辞世の歌がある。

何時詠んだのか?

本人が作ったのか?

いろいろな意見が出された。

小島文治郎には2つの辞世があるが
どういう事か?

3人以外に辞世は残されていなかったのか?

いろいろな疑問が
出て来た。

Sさんから
高崎五万石騒動に関する文献の
サマリーが提出された。
『五万石騒動の評価について』という
タイトルで
評価にもいろいろあった。

Aさんからは
『3代総代の「辞世」について』
という資料が出された。
その中で高崎経済大学の
山崎益吉教授の論文が話題になった。
「経世済民」という視点から
辞世の歌を分析していた。
今までとは違った評価で
あった。

わたしは
細野さんが
格城の持っていた○○を
県庁に文化財として認定してもらうために
一昨日同行したこと。

高崎中央公民館での
高崎の歴史講座に参加して
五万石騒動の講話を
聞いたこと。

報告した。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月16日 (金)

パリからメール

指揮者の佐渡裕さんが
パリで日本の若者達を率いて
演奏活動をしている。

そのコンサートに
パリに住んでいるFさんご夫妻が
行ったそうだ。
その様子が日本でテレビ放映されたが
その中にFさんが映っていたので
その映像を添付したメールを
奥さんが送ってくれた。

見たところ、
演奏が終わり、
カメラが聴衆に向かった。
何とその先に
Fさんがいた。
奥さんは見えなかった。

一瞬だったが
Fさんだった。

日テレの動画
http://www.news24.jp/articles/2012/03/12/10201757.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

孫の誕生日に赤飯作り

今日は孫の1歳の誕生日。
二人で昨日から
赤飯を蒸かす準備をした。

餅米2Kgを研いで水に浸し、
ササゲ150gを軽く煮て
その汁を「しと」用と「餅米の色付け」用に
分けた。

夕食に食べられるように
15:00から始めた。

浸した餅米をザルに移し
水を切り、ササゲを入れて
混ぜ合わせた。

義母の秘伝
砂糖を一つまみ入れると
艶が出ると言うので
入れてみた。

蒸かし器に
ササゲを混ぜ合わせた餅米を入れ、
火に掛けた。

蒸気が上がってから
15分経って「しと」を打った。
「しと」とは菜箸で穴を開け、
その中にササゲの煮汁を
注ぐこと。

「しと」は2回(1回200cc)打った。

50分間蒸気を上げて
火を止めた。

桶に移して
かき混ぜて出来上がり。
上々だった。
Dsc_0002

夕方
孫の所へ持って行った。
計ったら1Kgだった。
餅の代わりに
それを風呂敷で包み
孫の背中に結わえてやった。
立ってはいたが
驚いたのか
泣き出してしまった。
直ぐに外してやったので
写真を撮る間もなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月15日 (木)

真緋の会 3月例会

3月のテーマ 仲間

Iさん『愉快な仲間たち』

20年前転居して、地域に馴染むため
卓球教室に入り友人が沢山できた。
その後趣味が広がり止めたが、
その時積極的で元気だったNさんが
最近、突然病に倒れ半身不随となってしまった話。

Oさん『気配り』

4つの卓球クラブに所属して卓球を
楽しんでいるが、その中には
自己中心的な大人げない行動をする人がいる。
これらの人は周囲の人たちに気配りができない。
相手への思いやりの欠如が
最近の殺伐たる世相の原因だと思う。

いちじん『仲間から外れたオシドリ』

井野川で野鳥観察をしているが
昨年の暮れからオシドリが見られる。
3回の観察でオシドリは羽を痛め
仲間から離れて1羽でいることが分かった。
ドングリの好きなオシドリが何を食べているのか
不思議だったが、草を食べていたのを見て
その疑問が解けた。

Nさん『仲間に助けられて』

82歳の今も、室内楽のグループに入って
ヴァイオリンを弾いているが
3年前から耳が遠くなって練習が大変になってきた。
そろそろ潮時かと思って会計係を他の人に
代わってもらおうとするが、なかなか受けてもらえない。
シューベルトが仲間に支えられて
音楽をやっていた事と同じように感じられる。

Mさん『友人歴30余年』

就職した年からの親しい女友達が2人いる。
その一人のご主人が動脈瘤破裂で突然死。
娘さんがショックで病気になってしまったという。
急死でやつれのない顔だったので「起きなさいよ」と
呼びかけたという話を聞いて涙がこぼれた。

Moさん 

体調不良でお休み

Noさん、Yさん お休み

4月例会は
花見会食会を予定した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

my dairy

1 記念日 

Today is memorial day.
            an anniversary.

We went to Vienna on 15th last March.
                              March 15th last year.

Today is the anniversary of our trip to Vienna,
we went last year on March 15th.

2 チュニジア旅行

My sister in-law started to Tunijia todsy.
                       went       Tunisia

3 群馬県庁 

I went to the Gunma prefectual goverment building this morning.

I drived my car with my friend.
  drove

He is 84 years old.

He has a old spear.
         an

The spear looks like a walking stick.

He was authorised the apear at the Gunma prefectual goverment
The spear was authorised

building.

I was given those cakes from him.
He gave me thos cakes.

Those cakes are his present to me.
                  were

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月14日 (水)

青木茂作陶展

会期 3月14日(水)~20日(火)

会場 高崎スズラン地下1階

青木さんの作陶展に出かけた。
ご夫婦が会場にいた。

今回の作品は
4ヶ月前から取りかかったものだそうだ。

オカリナを吹いている作品が
可愛かった。
そこでけいこさんが
最近オカリナを始めた話をすると、
青木さんは
若い頃、オカリナ制作を指導していたが、
教えた若者の中に
あの宗次郎がいたとのこと。
ビックリした。

オカリナ教室をしていたこと。
リコーダーのアンサンブルをしたこと。

音楽の話で盛り上がった。

青木さんの
メルヘンチックなコロボックルの世界へ
是非お出かけ下さい。

HP ふっくろう陶房
http://fukurou-toubou.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キンカン酒

キンカンの木に
オナガが十数羽やって来ては
食べるようになった。
熟れてきたのだ。
食べてみると
苦みが無くなって
甘みがあった。
そこで
収穫してキンカン酒を
作ることにした。

晴れた空にキンカンは
金色に輝いていた。
三脚に乗って
木バサミで
1個ずつ切り取った。

計ってみたら
2キロ以上あった。

キンカン酒

材料

キンカン            1Kg
35パーセントの焼酎  1.8 L
氷砂糖          300 g

作り方

1 キンカンはヘタを取って洗う。

2 水分を拭き取ったキンカンを容器に3分の1ほど入れる。

3 氷砂糖を100g入れる。

4 2と3を3回繰り返す。

5 容器の蓋をして1ヶ月ほど冷暗所に置く。

6 キンカンの実は2ヶ月目には出す。

さて、どんな味になるか
4月14日が楽しみになった。

Dsc_0001

Dsc_0005

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月13日 (火)

庭の花

先週は雨続きだった。
昨日と今日は晴れだった。
庭の木々が
生き生きとしてきた。

咲き初めた
サンシユウ
Dsc_0241

Yさんから
頂いたサクラソウの
花が赤くなり始めた。
どんな色に
どんな花びらに
咲くのが楽しみだ。
Dsc_0243

漸く色付き始めた
クリスマスローズ
Dsc_0248

太陽の光を浴びて
満開の
フクジュソウ
Dsc_0251

盛りを過ぎた
サザンカ
Dsc_0257

けいこさんの好きなツバキ、
ワビスケ
Dsc_0260

梅が満開となったので
撮りに行ったら
メジロが
来ていた。
Dsc_0287_2

花の中で
素早く動き回るので
なかなか
撮れない。
Dsc_0307

あっちへ行ったり
こっちに来たり
落ち着かない。
Dsc_0314

やっと
眼を捉えた。
Dsc_0315

吸蜜するメジロ
Dsc_0323

シックに
梅華
Dsc_0325

青空に
梅の花
Dsc_0326

| | コメント (0) | トラックバック (0)

井野川のオシドリ

前回(3月1日)観察してから
大分経つので
まだ居るかなぁ・・・

前回の場所には
居なかった。
少し上流に行くと
居た。
あの右羽が故障している
オシドリ。
のんびりと
川面を眺めていた。
散歩で通りかかった
数人に知らせ
スコープを覗いてもらった。

今日は
じっくり行動観察。
Dsc_0098_2

眠るような仕草。
瞼(まぶた)は
下から上方向に
閉じる。
Dsc_0106

草むらに体を
半分隠して
一休み。
Dsc_0115

お腹が空いたのか
歩き出した。
右羽がこのように
落ちている。
足には異常は
無いようだ。
Dsc_0120

喉が渇いていたのだろう
水を1回
口にした。
Dsc_0145

草を食べ出した。
何度も草を食べていたが
なかなかその様子を
捉えられない。
Dsc_0162

よく見ると
まわりの草の先が短くなっている。
以前からここで
草を食べていたのだ。
Dsc_0211

草を銜えている
オシドリを
やっと捉えた。
Dsc_0212

オシドリの食べものと言えば
ドングリ。
ドングリのない井野川で
3ヶ月も何を食べていたのかと
思っていたが
草を食べて
生き延びていたのだ。

わたしと同じレンズを持ち
オシドリを探していた方が
近くに寄って来て
一時
一緒にオシドリを見ていた。
「元気で良かった。
今日で3回目です」
と言っていた。

あと何日
この場所で
過ごすの?

オシドリ君!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

井野川の鳥

9:30~10:30
時間があったので
一人で
井野川へ鳥見に出かけた。

対岸へ飛んでいった
モズ
Dsc_0046_2

じっと獲物を狙っていたので
じっとカメラを構えていたが
収穫の無かったいちじんと
アオサギ
Dsc_0058

尾羽を
チョコチョコ
イソシギ
Dsc_0064

逆光の姿を狙っていたら
ピョンと跳ねた
スズメ
Dsc_0089

尻の黄色い
キセキレイ
Dsc_0224

けいこさんから
お呼びの知らせがあり
帰ろうとして橋を渡っていたら
右岸にカワセミ
Dsc_0231

直ぐに
飛び去って
カメラの狙える場所に
止まった。
それ、走れ。
Dsc_0237

2枚撮ったら
飛び去った。
3枚目が
辛うじて
写っていた。
Dsc_02391
この個体
下のクチバシが赤いので
メス。

以上6種

その他見た鳥

オシドリ、カルガモ、コガモ、カワウ、ムクドリ

ハクセキレイ、セグロセキレイ、キジバト、ハシボソガラス、ツグミ

全部で16種

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月12日 (月)

ダイエットの効用

今年の正月から
ダイエットを始めた。
2ヶ月あまりで
86Kg→79Kgに落とした。
7Kgの減量だ。

今日、定期通院で
血液検査をしたら
基準値をオーバーしていた項目が
7項目あったのが3項目になった。

基準値に戻った項目

LDLーコレステロール

LDL/HDLヒ

GOT

GPT

LDH

基準値を超えている項目

総コレステロール

中性脂肪

CPK

この3項目は超えていると言っても

数値的には基準値を少しオーバーしている

だけなので頑張れば基準値にすることは

不可能ではない。

ドクターが体重を落とせば

数値が基準値に戻ると言ったが

その説の通りになったので

嬉しかった。

この値が恒常的になれば

薬を減らすことができるだろうと言った。

身長から割り出した標準体重は68Kgだが

それは無理だから

当面75Kgを目標にして下さい。

とドクターに言われた。




| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月11日 (日)

高崎コスモス合唱団のコンサート

第6回定期演奏会

期日 3月11日(日)15:00開演

会場 高崎市民文化会館

指揮 千葉弘樹

ゲスト 上田真樹(作曲家)

内容 祈り・願い・希望

    中山晋平没後60年

    上田真樹アレンジ作品より

    上田真樹オリジナル作品より

全体にやわらかな優しいハーモニーだった。

昨年よりステップアップしている。

作曲家の上田さんが招かれて

千葉氏とトークしたが

アレンジの仕方について

よく知られている曲はその旋律を大事にし

余り知られていないものは変化を付ける

と言っていた。

最後に上田さん作曲の『夢の意味』という曲が

歌われた。

組曲であったが上田カラー(節)が

よく出ていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

絹の国から

日 時 3月11日(日)13:00~

会 場 生涯学習センター

演 目 絹の国から~紡がれた想いを繋げるために~

主 催 群馬県平成23年度演劇制作事業 アトリエ

久しぶりに生涯学習センターに行った。
この公演には
昨年、市民演劇を一緒にした仲間が4人
今年の仲間が1人
参加している。

1場面 運命られた未来

 B級グルメで町興しをする内容だったが、
 タイトルとの関係がよく分からなかった。
 キャスト不足のため
 女性が若い男役をやったが
 メイクと衣装を
 もっと男らしくしないと・・・
 Inさんの演技は見ていて安心していられた。
 
2場面 招かざる来賓と撰ばれし者

 場面は明治初期、
 製糸場を作らせるために
 外人技師をどのように迎入れようかと
 画策する七日市藩。
 見応えはあった。
 Itさんの所作はなかなかのものだった。
 Hさんは落ち着いた演技だった。  
 Kさんは、軽妙に振る舞っていた。

3場面 それぞれの決断

 高崎コスモス合唱団のコンサートを
 聴くに行くため、退席。
 Sさんの演技は見られなかった。 

配布された資料によると
8月25・26日には
今回とは別の脚本と配役で
公演するとのこと。

今回は
そのための準備の公演だった。

今回の取り組みの結果を
本番の公演に生かすのであろう。

市民演劇の仲間たちは
皆、良い演技をしていた。
半年後に上演される本番の
新しい役作りに明日から
頑張って欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月10日 (土)

救現堂へ

19:00から上映と
あったので
歩いて出かけたら
18:45に着いた。

何と先客に迷道院さんご夫妻。

今夜は黒沢さんの
オカリナ演奏があった。

その黒沢さんのトークとオカリナの演奏を
聞いた後、
ベジタブルなカレーを頂いた。
ダイエット中なので
ご飯を半分にしてもらった。
トマトベースで
さっぱりとしていて美味だった。

そして
『ホピの予言』の上映があった。

いろいろ考えさせられる
映画だった。

今夜は
若い頃知り合った人たちの名前が
出てきて
懐かしかった。

このお店は
今月3日に開店したそうで
これから店内を充実させていくそうだ。

家に着いたのは
23:45だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 9日 (金)

映画『ホピの予言』

迷道院高崎さんのブログに
その映画が紹介されていた。
初めて聞く映画なので
どんなものかと
ユーチューブでその映画の監督の
パートナーであった辰巳玲子さんの
トークショーを見た。
30代の女性映画監督2人との鼎談であった。

鼎談の主旨は
地球を
大地を
自然を
大切にして生きよう。
というものであった。

この鼎談は2月に
関西で行われたのだが、
最後の方で
辰巳玲子さんが
縄文時代の石版が出た群馬で
これから暮らすことになったと
言っていた。

この映画は市内の『救現堂(くげんどう)』で
3月3日~11日まで上映とあった。
これも初めて耳にした会場なので
地図を見たところ、
すぐ近くの町でその店の前の道路を
よく通っているのだが
今まで全く気が付かなかった。

上映時間は
19:00からとあったので
今夜行こうとしたのだが
急用が入り
行くことができなかった。

あと2日ある。
行けると良いんだが・・・

映画が紹介されている
Land and Life のHP
http://hoshimeguri.com/landandlife/index.htm

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月 8日 (木)

高崎市の歴史講座 4日目

演題 五万石騒動と高崎 御一新ということ

講師 横倉興一

歴史は資料に基づいて考えていくことが
大切であると大学の時、
尾崎先生に言われた。

高崎市史の五万石騒動の記述の中に
処罰された農民が書かれていないのは
残念なことだ。

資料を読み解いて史実を
明らかにしていきたい。

地区割りは
上郷、中郷、東郷、下郷、西郷で
97ヶ村
この中で、下郷に処分された人が多かった。

騒動の目的
1 法外な税率の改正 (7合3勺摺り→5合摺り)
2 畑方税(米で納める)を永代(貨幣で納める)に

税金の納め方は
検見して決めたが毎年は行われず、
一定の税率(定免)だった。
高崎藩の田畑は税率の高い上田が多かった。

延米(手数料・管理料)や
口米(損失料・札差で取る米)を
取られた。

7合3勺摺りは他藩より
2合3勺多く取り立てることができた。
1村につき20石余分に取れたので
97ヶ村×20石=およそ2000石のピンはねを
していた。
1・1・5の法という。
この計算は、和算でしたと思われる。

高崎藩は財政が逼迫したので
藩札を出して
五十嵐家から資金を得た。
その代わりに五十嵐家に
苗字・帯刀を許した。

小園江丹宮の父、義円は天狗党の残党で
水戸の勤皇の志士だった。
丹宮は農民に急ぐな時期を待てと言ったが、
下郷の農民はそれに従わず
減税運動に走り
多くの農民が処刑された。

不幸なことは
高崎藩に減税を求めて
立ち上がったが、
維新により、藩はその時点で
明治政府に変わってしまったので
高崎の農民は政府に
反逆することになってしまったことだ。

処刑された事実
佐藤51歳
高井42歳
小島62歳
刑を受けた人々を
高崎市史に記述し残さなければ
ならない。

あった事は
史実として
記録することが
大切であると強調された。

司馬遷が権力に屈せず
事実をそのまま残したという
史実を例えにあげて
講演が終わった。

拍手

| | コメント (2) | トラックバック (0)

my dairy 忙しい日程

 7:50  孫の子守

 8:40  けいこさんの通院(送り)

 9:30  陶芸教室(高崎市東部公民館)

11:00  けいこさんの通院(迎え)

14:00  英会話

16:00  孫の子守(中止)

18:30  高崎市の歴史(高崎市中央公民館)自転車

忙しい日だ。

I rode a horse at TRC last Friday.

Keiko and Mr. ○○ saw my riding.

I was afraid of riding.

I went Misato Bunka Kaikan yesterday.

I was given a free ticket of TRC from my friend.

She is an expert of riding.
                      
at

I want to present to you the ticket.
              give

But you need the premium.
                         insurance(保険料)

The premium is ¥1250.
      insurance

I can't ride a horse still.
                           yet

It is too difficult to ride a horse.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 7日 (水)

解散式

14:00から箕郷文化会館で
解散式があった。

公演以来、二週間振りで
集まった。

市の文化課長の
挨拶があった。
市民が文化を作っていく活動として
これからも支援していきたいと
言っていた。

演出からは
次年度の構想が
語られた。

式は直ぐに終わり、
その後は茶話会で
当日の舞台のDVDを見た。

各場を説明する字幕も入り
良くできていた。

DVDを見た後
それぞれが聞いた感想を
述べ合った。

わたしは
演技では
ヤエ役と伸子役が良かった。
会場で写真を何枚も撮っていた人がいて
うるさかった。
プロンプターをやって
舞台作りを側面から見ることができた。
と言った。

最後に
「勇気あるもの」を全員で輪になって
歌った。

17:00近くに
なっていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 6日 (火)

梅の花

昨夜からの雨が
上がった。
やっと梅が開き始めた。
Dsc_0003

一華両華三華四華無数華
Dsc_0006

青空も見えてきた。
Dsc_0020

サヤエンドウが
やっとここまでになった。
Dsc_0008

蒔きっぱなしの
カキナ。
食べられるように
なるまでまだまだだ。
Dsc_0010

ひとつ口に含んでみた。
苦みが無くなって
食べ頃になっている。
どうにしたら
美味くたべられるのだろう。
落ちる前に金柑の食べ方を
調べよう。
Dsc_0014

足元には
雨を浴びた
フクジュソウ。
Dsc_0016 

付記
やはり
キンカン酒。
そして
キンカンの甘露煮。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 5日 (月)

群馬テレビの新番組

3月5日から
ニュースeye8が始まった。

20:00~21:00の
ゴールデンタイムに
群馬テレビが新企画。

キャスターの武藤氏は
上毛新聞の論説委員。
落語を趣味として
味のある論説を書いている人だ。

第1回目なので
見た。

初めは緊張していて
声が固かったが
後半になって
大分滑らかになってきた。

主眼は県内のことを
生中継で放送することのようで
その地域の関係者は見るだろうと思った。

ゴールデンタイムに
多くの群馬県人が見る番組に
なるよう期待したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 4日 (日)

雪山黒斑山2404m

「どこに登る?」
と訊かれて
・・・
「黒斑にしよう」と言った。

前回高峰山に行った時
雪の様子が
分かったので
ステップアップで黒斑山だ。

駐車場で
身支度している方に
どこに登るんですかと聴いたら
高峰山だと言う。
黒斑山に登ろうと思っていると言うと
ちょっと前、アイゼンを付けた人たちが
行きましたよと教えてくれた。

アイゼンを付けて
スノーシューは置いていくことにした。
Dsc_0004

浅間が見える所までは行きたいねと
言いながら
表コースに入った。
Dsc_0191

雪はたっぷりとあった。
山の上の方は
雲が多かったが
流れがあったので
晴れ間が期待できた。
Dsc_0015

西方は青空が見えた。
Dsc_0021

ウサギの足跡。
Dsc_0024

東篭の登山と水の塔山が見えた。
Dsc_0027

霧氷。
Dsc_0031

雲が流れ去った。
Dsc_0034

じっと耐えるシャクナゲの葉。
Dsc_0042

Dsc_0047

高峰山(左)が低くなってきた。
Dsc_0051

左の山をよく見ると
双耳峰だから鹿島槍で
右が五龍岳だ。
Dsc_0054

左の山々が穂高連峰で
右側の尖ったのが槍ヶ岳だ。
Dsc_0056

爽快。
Dsc_0061

中央は四阿山(アズマヤサン)
Dsc_0063

葉から垂れる氷柱(ツララ)は
初見。
Dsc_0064

Dsc_0067

こんな積もり方をしていた。
夏、この近くで
キクイタダキを見た。
Dsc_0069

カモシカの足跡の近くに
小さな輝き
Dsc_0080

ここまで来れば
浅間の姿が見られる所はすぐだ。
Dsc_0082 

ゆっくり登っていったので
数組には抜かれた。

浅間山の姿が一望できる所に出た。
浅間山の上方は雲にすっぽりと
覆われてた。
Dsc_0088

Dsc_0089

山頂帰りのパーティーがいた。
ピッケルを持った本格的な山人だった。
一回だけ浅間が山容を表したと
言っていた。
Dsc_0109

Dsc_0112_2

トーミの頭に登っているのが
見えた。
Dsc_0093

急な斜面を登って
トーミの頭まで行くことにした。
風が強く相変わらず
山裾しか見えなかった。
Dsc_0123

Dsc_0130

ここまで来たので山頂まで
行くことにした。
Dsc_0143

山頂には
10数名のグループが
休んでいた。
写真を撮っていると
聴いたような声がする。
もしかしたら・・・
40年前、職場で一緒した
山の好きなMさんかも知れない。
自信がなかったので
近くの人に
確認すると
やはりMさんだった。

挨拶すると
驚いていた。
わたしも山頂で知人に遭遇することは
初めてだったので
それは驚いた。
Dsc_0150

Dsc_0157

2010年8月26日の
頂上の標識
Dsc_0189_2



Mさんたちが
降りた後
昼食にした。
おにぎりを立って食べた。
浅間山は裾野しか見せてはくれなかった。
Dsc_0161

雪が多かったので
思ったより
下りは楽だった。
Dsc_0167_2

Dsc_0169

登りは表コースだったので
下りは中コースにした。
木の中の道を
雪を踏みしめながら
歩いた。
Dsc_0175

もう直ぐ登山口だ。
Dsc_0178

ここにもカモシカの足跡があった。
Dsc_0184

足取りが軽くなった。
Dsc_0189

高峰高原ホテルで
温泉。
少し熱めの湯が
体を温めてくれた。
Mさんも後から入ってきた。
湯船で
ゆっくり話ができた。

湯上がりに
冷たい牛乳を飲んだ。
体の中に浸み通るのが
分かった。

付記

帰ってきて着替えの時
体重を計った。
78.0Kg新記録

でも就寝前計ったら
78.5Kgになっていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 3日 (土)

高崎市の歴史講座 3日目

現地学習会

10:00
集合場所は連雀町の四つ角
TV「ちいさんぽ」で
昨年の夏紹介された側溝の
脇を通って
大信寺へ向かった。
Dsc_0021

大信寺には
家光に自刃させられた
駿河大納言と呼ばれたこともあった
徳川忠長(家光の弟)の墓
Dsc_0024

忠長は
あの「江」の子どもだった。
Dsc_0030

あら町の諏訪神社本殿
江戸時代火災が多かったので
このようなコンパクトな
社殿となった。
太田蜀山人が紀行文で
この土蔵作りの社殿を紹介している。
Dsc_0040_2

高崎公園に行った。
この公園は明治33年に
市長矢島八郎が
造った。
吉野秀雄が短歌に詠んだ
ハクモクレン
Dsc_0048

Dsc_0050

高崎藩の城主
大河内輝貞が勝手に
自分の先祖を
源頼政にして造った神社
Dsc_0052
頼政には
ヌエ鵺(トラツグミ)を退治したという
伝説がある。

内村鑑三の詩碑
『上州人』

Dsc_0055

Dsc_0056

龍廣寺には
Dsc_0059

俳人 村上鬼城の墓と
Dsc_0069

Dsc_0070

日露戦争で捕虜となり
高崎115連隊に連れてこられ
病気で亡くなった
3人のロシア人の墓がある。
Dsc_0078

Dsc_0075

龍廣寺には
ロウバイが咲き誇り
紅梅が赤くなり始めていた。
現地学習会は
11:55に終了した。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

桃の節句

巻き寿司を作った。
材料の仕込みは
昨日からけいこさんがやった。

わたしは
酢飯作りと
簀の子で巻くのを手伝った。

前回は
海苔の上に酢飯を
広げるのに苦労をした。
そこで今回は
御飯茶碗に1回分の酢飯を入れて
海苔の上にまけて広げたので
手際よく巻けた。

13本のうち
わたしが8本巻いた。
Photo
                 photo by けいこ

息子たちの所へ
配ったら
美味しいと言っていた。

具は
竹輪、干瓢、ゴボウ、卵焼き
おぼろ、ホウレン草、キュウリ
シイタケ

酢飯は
岡山産

けいこさんのブログ
http://sky.ap.teacup.com/applet/keyko/msgcate17/archive

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 2日 (金)

乗馬体験

10:00からなので
9:40頃出かけた。

その乗馬クラブは
現役時代の通勤路の直ぐ近くにあったが
中を見たことはなかった。
外から見ると小さいが
案外規模が大きかった。
馬が40頭以上もいた。

担当に
教わりながら
胸にプロテクターを着けた。
ヘルメットを被り、
長靴を履いた。
持って行った手袋をはめて
支度はできた。

まず、馬との対面。
『リン』という10歳くらいの雌馬だった。
Dsc_0002

乗馬するところは
屋根のある馬場だった。

やはり
馬上は高い。
後ろに反るように
乗るように言われたが
前傾になってしまった。
Dsc_0004

スタートは
馬の胸を両足で蹴る。
ストップは
両手で手綱を引く。
左へ曲がる時は
左の手綱を引く。
これだけだが
リン姉はこの通りに
動いてくれなかった。

歩いている時
手綱を引かなくても
止まる。
左に曲がる時
手綱を引くのが遅いと
止まる。

馬上の人の性格を
知ってか知らぬか
言うことを利かない馬だった。

駆け足で
いちに、いちに、と
リズムを合わせて
乗る練習をしたが
ほとんど合わなかった。
鞍が尻に当たって
馬のリズムに
乗れなかった。

たちまち30分間の
騎乗体験は終わった。
知らぬ間に
汗をかいていた。

アンケート用紙に感想を書き
乗馬クラブの内容を聴いて
終了した。
12:00だった。
Dsc_0018


付記

夢は

モンゴルの草原を
馬で疾走すること。

走っている馬から
矢を射る
流鏑馬をすること。

自動車を止めて
馬で移動すること。

それには
体重を落とし
それに耐え得る
体力を身に付ける
努力が必要だと
けいこさんに
言われた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 1日 (木)

my dairy

Play

We played in Takasaki shimin engeki.

My role was master of ceremonies that festival.

The holl was full up.
                 sould out

Movie

We went to a movie theater last night.

We saw Nipponretto Ikimonotati no monogatari.
    watched     Story of life in the Japanese Islands Archipelago
                                                  日本列島

The movie was wonderful.

I would like you to watch the movie,

because you like animal and nature.

Birdwatching

We went to birdwatching to Ino river this morning.
                                  at

We watched a mandarin duck.
       saw

The mandarin duck was injured his right wing.
                   duck's right wing was injured.

I took pictures of the bird.

see と watch の使い分け
                   
see  → person, painting, picure, animals, plants(静止しているもの)

watch→ TV, movie (動くもの)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月1日 井野川の鳥見

居るか居ないか
心配していた
ヨシガモ
Dsc_0013

斜面で日向ぼっこの
カルガモ
Dsc_0039

首を掻いていた
オナガガモ
Dsc_0041

まだ居た
ヒドリガモ(♂)
Dsc_0046

声はすれども
なかなか撮れない
アオジ
Dsc_0054

ピョンピョンと
キセキレイ
Dsc_0064

居た居たと電話で
先に行っていたけいこさんに
知らせた時の
オシドリ
Dsc_0094

右羽が傷んでいる
オシドリ
Dsc_0107

行ったり来たりの
ジョウビタキ(♂)
Dsc_0160

麦畑で忙しく動き回る
ムクドリ
Dsc_0200

ちょっと止まって
直ぐに飛び去った
ヒヨドリ
Dsc_0210

以前より嘴が
赤くなってきた
バン
Dsc_0212

目の前を飛んで
数十メートル先の
電線に留まった
チョウゲンボウ
Dsc_0257

いつも、橋の上手に居る
マガモ(♂)
Dsc_0267

もうすぐ北帰行の
ツグミ
Dsc_0282

木陰でのんびりの
モズ
Dsc_0285

今日は
ムクドリデイだった。
Dsc_0291

争っていたのは
モズとオナガ
Dsc_0298

1枚だけしか撮れなかった
カワセミ
Dsc_0307

忙しく動く
セグロセキレイ
Dsc_0312

2月27日に
アイゼン付けて登った
相馬山
Dsc_0263
スコープで覗いたら
頂上の神社の屋根が
雪を被っていた。
あの前で冷たいおにぎりを
食べたっけ。


その他の鳥

コガモ、カイツブリ、カワウ、ハシボソガラス、ハシブトガラス

ハクセキレイ、カワラヒワ、スズメ、キジバト、ウグイス

イソシギ、ホオジロ、トビ

全部で31種

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »