« 救現堂へ | トップページ | 高崎コスモス合唱団のコンサート »

2012年3月11日 (日)

絹の国から

日 時 3月11日(日)13:00~

会 場 生涯学習センター

演 目 絹の国から~紡がれた想いを繋げるために~

主 催 群馬県平成23年度演劇制作事業 アトリエ

久しぶりに生涯学習センターに行った。
この公演には
昨年、市民演劇を一緒にした仲間が4人
今年の仲間が1人
参加している。

1場面 運命られた未来

 B級グルメで町興しをする内容だったが、
 タイトルとの関係がよく分からなかった。
 キャスト不足のため
 女性が若い男役をやったが
 メイクと衣装を
 もっと男らしくしないと・・・
 Inさんの演技は見ていて安心していられた。
 
2場面 招かざる来賓と撰ばれし者

 場面は明治初期、
 製糸場を作らせるために
 外人技師をどのように迎入れようかと
 画策する七日市藩。
 見応えはあった。
 Itさんの所作はなかなかのものだった。
 Hさんは落ち着いた演技だった。  
 Kさんは、軽妙に振る舞っていた。

3場面 それぞれの決断

 高崎コスモス合唱団のコンサートを
 聴くに行くため、退席。
 Sさんの演技は見られなかった。 

配布された資料によると
8月25・26日には
今回とは別の脚本と配役で
公演するとのこと。

今回は
そのための準備の公演だった。

今回の取り組みの結果を
本番の公演に生かすのであろう。

市民演劇の仲間たちは
皆、良い演技をしていた。
半年後に上演される本番の
新しい役作りに明日から
頑張って欲しい。

|

« 救現堂へ | トップページ | 高崎コスモス合唱団のコンサート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183945/54201731

この記事へのトラックバック一覧です: 絹の国から:

« 救現堂へ | トップページ | 高崎コスモス合唱団のコンサート »