« 桃の節句 | トップページ | 雪山黒斑山2404m »

2012年3月 3日 (土)

高崎市の歴史講座 3日目

現地学習会

10:00
集合場所は連雀町の四つ角
TV「ちいさんぽ」で
昨年の夏紹介された側溝の
脇を通って
大信寺へ向かった。
Dsc_0021

大信寺には
家光に自刃させられた
駿河大納言と呼ばれたこともあった
徳川忠長(家光の弟)の墓
Dsc_0024

忠長は
あの「江」の子どもだった。
Dsc_0030

あら町の諏訪神社本殿
江戸時代火災が多かったので
このようなコンパクトな
社殿となった。
太田蜀山人が紀行文で
この土蔵作りの社殿を紹介している。
Dsc_0040_2

高崎公園に行った。
この公園は明治33年に
市長矢島八郎が
造った。
吉野秀雄が短歌に詠んだ
ハクモクレン
Dsc_0048

Dsc_0050

高崎藩の城主
大河内輝貞が勝手に
自分の先祖を
源頼政にして造った神社
Dsc_0052
頼政には
ヌエ鵺(トラツグミ)を退治したという
伝説がある。

内村鑑三の詩碑
『上州人』

Dsc_0055

Dsc_0056

龍廣寺には
Dsc_0059

俳人 村上鬼城の墓と
Dsc_0069

Dsc_0070

日露戦争で捕虜となり
高崎115連隊に連れてこられ
病気で亡くなった
3人のロシア人の墓がある。
Dsc_0078

Dsc_0075

龍廣寺には
ロウバイが咲き誇り
紅梅が赤くなり始めていた。
現地学習会は
11:55に終了した。

|

« 桃の節句 | トップページ | 雪山黒斑山2404m »

コメント

おつかれさまでした。
田島先生の案内、分かり易くて楽しかったですね。
高崎、面白いです。

投稿: 迷道院高崎 | 2012年3月 3日 (土) 19:36

天候に恵まれた現地学習会でした。
龍廣寺では
高崎城主 大河内輝声の子どもの墓を
案内して頂きありがとうございました。

投稿: いちじん | 2012年3月 3日 (土) 23:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183945/54130539

この記事へのトラックバック一覧です: 高崎市の歴史講座 3日目:

« 桃の節句 | トップページ | 雪山黒斑山2404m »