« 今日の失敗 | トップページ | いちめんのなのはな »

2012年4月27日 (金)

うたごえ喫茶みさと

14::00~16:00

箕郷町のレストラン
オー・ドゥ・ピュール

毎月第4金曜日

今日は第1回目だった。
30人あまりが
集って良き時代の
懐かしい歌を
歌った。

殆どが女性で
わたしより先輩に
見えた。
高崎市民演劇で一緒に演じた
女性も3人いた。

前半は
リードするNさんが
あらかじめ決めた曲を
歌った。

歌集は
歌声喫茶の老舗の『ともしび』製。
目次を見たら
半分くらいは
知っていたが
知らない歌も多かった。

中休みは
喫茶タイムだった。
わたしは紅茶を頂いた。
箕郷町に近い方が
多いようだったが
隣町からの方もいた。

後半は
リクエストされた曲の中から
Nさんが選んだ曲を
歌った。

みんなの歌声に合わせて
大体歌えたが
1曲だけ知らない曲があった。

「学生時代」
「山小屋の灯」
「花」
「四季の歌」


20曲は歌った。

1960年代は
この歌声喫茶が流行っていた。
高校の修学旅行で
京都に行った時
そこの「炎」という
歌声喫茶に入って
歌ったことを
思い出した。

ちいさな歌集だった。

カラオケは
一人で歌うもの。

歌声喫茶は
みんなで歌うもの。

一人で歌うのに
飽きて来たのかな?

|

« 今日の失敗 | トップページ | いちめんのなのはな »

コメント

私の歌声喫茶初体験は、中学2年生の時でした。
新紺屋町の「風」です。
http://inkyo.gunmablog.net/e27868.html

みんなと一緒に歌うというのは、安心して歌えるからいいですよね。
「あすなろ」も復活するそうですから、「風」のように気楽に行ける
歌声喫茶も復活して欲しいなぁ。

投稿: 迷道院高崎 | 2012年4月28日 (土) 08:18

「風」はお二人にとって
忘れることのできない歌声喫茶だったのですね。
一緒に歌う文化が
蘇ると良いですね。

投稿: いちじん | 2012年4月29日 (日) 00:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183945/54574994

この記事へのトラックバック一覧です: うたごえ喫茶みさと:

« 今日の失敗 | トップページ | いちめんのなのはな »