« そばくうかい(蕎麦喰うかい・蕎麦空海) | トップページ | シャクナゲ »

2012年5月17日 (木)

お別れ その2

高校3年の時の担任だった

O先生の葬儀

11:00~

前橋のある斎場

O先生は誠実で優しい先生だった。

受験する大学に付いてのアドバイスを

親身になってしてくれた。

弔辞が一人だったので

挙手して一言お別れの言葉を言わせてもらった。

担任してもらった経過の後に

去年の夏、鳥海山と月山を登り

山形の山が好きになりました。

来年も鳥海山に登る計画があるので

その時は山頂で先生を

偲びたいと思います。

お世話になりました。

と言った。

奥様に先立たれ

子供さんもなかったので

喪主はYさんという方であった。

O先生の先祖は江戸時代

山形の鶴岡藩の代々医師であったとのこと。

先生の正直で優しい精神は

そういう背景があったからであるとのこと。

焼香を終えて

ロビーに行くと

「もしかして級友だったのでは・・・」と

話しかけられた。

45年振りのT君だった。

昨日、高校時代のメーリングリストに

わたしが流した訃報を見て

静岡県から来たとのこと。

彼の目には涙が溢れていた。

互いに近況を語り合っていたら

見送る時間となった。

T君と共に生花を手向けて

O先生と最後のお別れをすることが出来た。

「O先生

ありがとうございました」

|

« そばくうかい(蕎麦喰うかい・蕎麦空海) | トップページ | シャクナゲ »

コメント

先日の大川先生葬儀 お疲れ様   お蔭様で先生に最後のお別れが出来ました  
訃報の連絡をいただいた貴君に おおいに感謝!
今日の小生があるのも大川先生のお蔭なのに 何の恩返しも出来ないまま 先生との永久の別れを迎えてしまった現実に居たたまれず 斎場に駈けつけました
貴君の弔辞がなかったらそのまま帰ってしまうところでしたが 思いがけない再会に先生の想いを感じました
改めて 感謝!  
                       合掌


投稿: 立石 光夫 | 2012年5月21日 (月) 11:45

富士市からわざわざ大川先生の葬儀に
参列してくれた立石君に
声をかけてもらわなければ
そのままになっていたでしょう。
立石君に会えて良かったです。
東海方面に行く機会があったら
連絡します。


投稿: いちじん | 2012年5月21日 (月) 16:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183945/54735797

この記事へのトラックバック一覧です: お別れ その2:

« そばくうかい(蕎麦喰うかい・蕎麦空海) | トップページ | シャクナゲ »