« 倉庫の移動 | トップページ | パッションフルーツの実 »

2012年7月13日 (金)

やすり

陶芸教室で焼いた焼き物の底に

釉薬が着いてしまうことが多い。

それで買ったのが

このやすり。

Dsc_0001

この皿は

シシャモ一匹用だ。

けいこさん

「漬け物を置くのにも

良いわね」と・・・

Dsc_0005

ところが裏を見ると

釉薬の粒が着いていて

滑らかでない。

Dsc_0007

そこで

今回買ったやすりで

磨いてみた。

分かりにくいが

滑らかになった。

Dsc_0008

同じ皿だが

ちょっと敷物を替えると

Dsc_0017

次の作品は湯飲み。

ちょっと湯飲みには

大き過ぎた。

手回しロクロで

作っているが

最近漸く

歪みが少なくなってきた。

Dsc_0022

やすりと一緒に

A4の写真用の額を買ってきたので

ケニアのチーターを入れた。

Dsc_0028

|

« 倉庫の移動 | トップページ | パッションフルーツの実 »

コメント

素直で、すっきりしていて、楽しみですね。
陶芸を始めた頃を思い出しました。最近は余分なことをしすぎて、うるさすぎて、我が家の奥様はいらない・・・
フリーマーケットか、埋め立てごみです。
残しておいても使いませんから・・・

下手ですが。無心に土をいじるときが好きです。

この程度の釉なら、すこし荒めの砥石がいいです。
釉がついていなくても、完成したら砥石で底を磨くとテーブルの傷が防げますので、必ずしたほうがいいです。

投稿: オコジョ | 2012年7月17日 (火) 10:39

量販店に行って
ダイヤモンドやすりを
手に入れてきました。
次の作品ができたら
磨きに使いたいと思います。


投稿: いちじん | 2012年7月17日 (火) 17:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183945/55183765

この記事へのトラックバック一覧です: やすり:

« 倉庫の移動 | トップページ | パッションフルーツの実 »