« 夏祭り | トップページ | 絹の国から »

2012年8月26日 (日)

獅子舞の保存

我が町(小字)には

江戸時代から伝わってきた獅子舞がある。

しかし、ここ十数年踊っていない。

そこで、今日は獅子舞保存会を

今後どうしていくか話し合いが持たれた。

十数年前までは父が参加していたが

父亡き今回はわたしが参加した。

今後の在り方として3つの案が提案された。

1案 踊りを発表する機会を作り、獅子舞を復活させる。

2案 獅子頭等を保存していく。

3案 保存会を解散し、獅子頭等を寄付する。

参加者がそれぞれ意見を述べ合った。

1案は少なかった。

2案が多かった。

さすがに、3案はなかった。

結論

現在、獅子舞の道具は神社で保管してもらっている。

それらの虫干しを

9月16日(日)10:00~

神社で行う。

会則に沿った役員を決めた。

会長1、副会長2、会計2、幹事若干名

わたしは幹事を引き受けた。

新会長は1案なので

今後復活させる方向で取り組むことになった。

踊る機会としては

神社のお祭りに奉納する。

付記

わたしは小学生の頃

2~3回、獅子頭を被って踊った。

それ以来、踊ったことはない。

その写真もない。

父は笛を吹いていたのでその笛を

探してみよう。

|

« 夏祭り | トップページ | 絹の国から »

コメント

先日、貝沢町の獅子舞保存会の方のお話を聞きましたが、やはり年々大変になっているようです。
東部小学校の子ども達に教えるという形で、何とかつないでいると言ってました。

高崎まつりの山車のように、町なかでの競演の場が必要かもしれませんね。

投稿: 迷道院高崎 | 2012年8月27日 (月) 08:14

我が町でも中居小学校の子どもたちに
伝えようと以前、働きかけましたが
実現できなかったそうです。
今の子どもたちに
どのように伝えていくかが
課題です。
現在、諏訪神社のお祭りに奉納するという形を
考えています。

投稿: いちじん | 2012年8月28日 (火) 00:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183945/55515110

この記事へのトラックバック一覧です: 獅子舞の保存:

« 夏祭り | トップページ | 絹の国から »