« my diary | トップページ | なでしこ散る »

2012年8月 9日 (木)

カラスとクルミ

16:30にタカハシ珈琲で

Tさんと待ち合わせた。

Tさんから

カラスが食べた後のクルミの殻が入ったビニールの袋を

もらった。

カラスが3階の屋上にクルミを落として

割って食べた殻だ。

古くてカラカラになったものばかりだ。

5月~7月の3ヶ月間のクルミの殻。

Dsc_0019002

Tさんの話から分かったこと

1 カラスはクルミを蓄えて置いて必要に応じて

  Tさん宅の屋上でクルミを割って食べるようだ。

2 お盆の頃はお墓に供え物が多いので

  クルミを割りには来ない。

3 クルミには外皮があるが、

  屋上にあるクルミは外皮の無いクルミばかりだ。

  カラスはクルミを屋上に落とす前に外皮を取り除いているようだ。

4 クルミを割りに来る時間は

  朝方、4時~6時である。

5 クルミの種類はオニグルミ。

  川のそばに良く生えているクルミで

  殻が固い種類なので手では割れない。

Tさんの屋上にカラスがクルミを

落とす様子を観察したいと依頼したら

連絡をしてくれることになった。

また、楽しみがひとつできた。

|

« my diary | トップページ | なでしこ散る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183945/55389990

この記事へのトラックバック一覧です: カラスとクルミ:

« my diary | トップページ | なでしこ散る »