« レンゲショウマ | トップページ | 幸せをもとめて 練習1回目 »

2012年8月28日 (火)

高崎演劇鑑賞会 8月例会

演目 はい、奥田製作所

時間 19:00~21:00

劇団 銅鐸

あらすじ

町工場の社長が病気で入院。

サラリーマンの息子が会社を辞め

社長になって工場を改革するが

そこにいろいろな摩擦が生じる。

感想

今日は最後まで

居眠りをしないで

見ることができた。

ストーリーが分かりやすかったからだろう。

終演して

劇団の責任者が挨拶に立った。

「昨年の震災で稽古場が被災し

ようやく改築することができたが、

資金がまだ足りないので・・・」

とカンパの呼びかけがあった。

出口で募金したが

団員に

「稽古場はどこにあるの?」と尋ねたら

東京とのこと。

相当古い建物だったのだろう。

てっきり、東北地方の劇団かと思ったのだが

東京でも3.11で被災した建造物が

あったのだ。

付記

今回から義弟が入会した。

|

« レンゲショウマ | トップページ | 幸せをもとめて 練習1回目 »

コメント

いちじんさんこんばんは。
「はい、奥田製作所」良かったですね。
とても気持ちよく観ることができました。
高崎の鑑賞会は30年ほどブランクがありましたが再開して3回目になりました。
若い頃は「京都労演」に入っていましたが
その頃の演目と高崎のを比べると結構違っていました。京都は民藝が多かったような気がします。
10月の劇もとっても楽しみです。

投稿: かま猫 | 2012年9月18日 (火) 23:06

お若い頃は京都にお暮らしでしたか!
京都には行きたいのですが
なかなか行く機会がありません。
杉村春子の「女の一生」と
井上ひさしの作品(上演された総て)が思い出です。
10月例会は
「こもめ来るころ」で
高橋長英と斉藤ともこが演じるので
わたしも楽しみにしています。

投稿: いちじん | 2012年9月19日 (水) 00:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183945/55530885

この記事へのトラックバック一覧です: 高崎演劇鑑賞会 8月例会:

« レンゲショウマ | トップページ | 幸せをもとめて 練習1回目 »