« 久しぶりの降雨 | トップページ | 蕎麦くうかい 第7回 »

2012年9月11日 (火)

頭部打撲

天狗岳に行った1日目(9月8日)のこと。

最初に登った丸山(2329m)の頂上から

高見石へ向かって降り始めた。

等身大の石の間を

通り抜けて降りるルートだった。

石は濡れていた。

先を歩いていたけいこさんが

足を滑らせて

「イタイッ!」

と言って動かない。

頭を押さえている。

大石に頭をぶつけたのだ。

もしかして

頭蓋骨骨折か!

幸い青い厚手の帽子を被っていたので

裂傷ではなく

打撲だった。

見たら傷もなく赤くもなっていなかったので

「その内コブになるかもしれないな」

と言って歩き出した。

春先

歩道を歩いていて縁石から車道に落ち

右肘骨頭骨折。

盛夏

ピアノ演奏会場の部屋で躓いて

右足の小指骨折。

でも、今まで山では骨折は無かった。

今回

頭蓋骨骨折ではなく

小さなコブで済んで良かった。

今夜

シャワーを浴びて来たけいこさんが

「右足の太ももが内出血して青くなっているの。

滑ってここを石にぶつけて

その反動で頭が石に当たったんだわ」

「頭を直接石にぶつけていれば

頭蓋骨骨折だったね」と

二人で顔を見合わせた。

|

« 久しぶりの降雨 | トップページ | 蕎麦くうかい 第7回 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183945/55635516

この記事へのトラックバック一覧です: 頭部打撲:

« 久しぶりの降雨 | トップページ | 蕎麦くうかい 第7回 »