« 高崎演劇鑑賞会 第346回例会 「かもめ来るころ」 | トップページ | ベロ出しチョンマ »

2012年10月17日 (水)

幸せをもとめて 練習第8回

準備運動

ラジオ体操第2

前半

2場、3場、5場の部分読み

細かな注意が出された。

後半

全体の読み合わせをした後

セリフの言い方の指導があった。

わたしは劇団員なので大袈裟に言うように心懸けた。

「ああ」の一言だが

前の人のセリフを受けて言っていなかったので

演出からそこを注意された。

「ああ」の後は、話題が変わるので

気持ちを切り替えて言うようにする。

指摘されればその通りなのだが、

それに気付けなかった。

演出がよく

「セリフの言い方は台本の中にあります。

よく、読んでください」と言うが

読みが足りなかった。

次に、「だけど」のアクセントを直された。

演出から「けど」ではなく「だけ」と

指摘されたが、よく飲み込めなかった。

自己紹介で自分の名前を言う時は

前のセリフが終わったら直ぐに

言うようにした。

セリフを覚えることが先決だが

よく読み込んでセリフのニュアンスを工夫しないと

セリフにならないことが分かった。

演出の

「答えは、台本の中にあります」が

耳に残った。

最後に「新妻に捧げる歌」を歌った。

耳に慣れてきて漸く旋律を口ずさめるように

なってきた。

外は土砂降りの雨だった。

車の中でその歌を口ずさみながら

家路を急いだ。

|

« 高崎演劇鑑賞会 第346回例会 「かもめ来るころ」 | トップページ | ベロ出しチョンマ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183945/55913397

この記事へのトラックバック一覧です: 幸せをもとめて 練習第8回:

« 高崎演劇鑑賞会 第346回例会 「かもめ来るころ」 | トップページ | ベロ出しチョンマ »