« 「松下竜一の青春」を読み始めて その1(1~39) | トップページ | 城趾公民館文化祭 »

2012年10月26日 (金)

豊田勇造ライブ

会場 市内の有機農業をしているOさんの研修所

時間 19:00~21:30

この会場では3回目とのことだが

豊田勇造氏がどんな歌を歌うのか

全く知らなかった。

けいこさんの知人が主催するというので

付いて行った。

Dsc_0089

Dsc_0093

小さな研修所は30人弱で

満員だった。

わたしたちはいつもの2階席に

陣取った。

歌の好きな2組が前座で歌った。

そして若々しい豊田氏の登場。

長髪にジーンズ。

京都出身、今年で歌い始めて40年になると言う。

ギターとハーモニカで歌った。

Dsc_0104

Dsc_0107 

歌が聴きやすく

ギターは見事だった。

メッセージソングだった。

休憩にもう一組の2人が2曲歌った。

後半の最後の曲は

ギターの効果音が効いて

素晴らしかった。

Dsc_0116

豊田氏の代表曲ではないかと思った。

演奏後

入口でCDや歌の本を販売していた。

Dsc_0092

わたしは豊田氏に

「最後の歌が良かったです。

吟遊詩人ですね」と言った。

その歌は30年も前に

パキスタンに行った時に作ったとのことだった。

この会場は小さいが

ここにはライブの原点があり、

やり甲斐があるとのこと。

その後、豊田氏は写真を撮ったこと

そしてその写真をブログに載せることを

許してくれた。

わたしはCD「この海の向こうに」を買った。

わたしが感動した最後の歌は

「花の都ペシャワール」だった。

豊田勇造HP

http://www.toyodayuzo.net/

https://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=IyZu8xrPzZ0#!

|

« 「松下竜一の青春」を読み始めて その1(1~39) | トップページ | 城趾公民館文化祭 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183945/55978737

この記事へのトラックバック一覧です: 豊田勇造ライブ:

« 「松下竜一の青春」を読み始めて その1(1~39) | トップページ | 城趾公民館文化祭 »