« 「松下竜一の青春」を読み始めて その5(75~94) | トップページ | 「松下竜一の青春」を読み始めて その6(75~94) »

2012年11月 2日 (金)

エベレスト街道 準備

地球の歩き方の「ネパール」を見ながら

持ち物を揃えた。

サングラスは紫外線が強くなるから必携だ。

ストックも足の負担を減らすために持って行こう。

寒さ対策は重ね着できること。

けいこさんは実際に着て確かめていた。

高山病になって食べられなくなった場合を想定して

お粥、梅干し、味噌汁を持つことにした。

それから、自家製の梅肉エキス。

寝袋はかさばるので借りることにした。

エベレストの由来

ネパールがイギリスの植民地時代の

インド測量局長官イギリス人の「ジョージ・エベレスト」に

ちなんで「エベレスト」と言った。

ネパール政府としては

「サガルマータ」=サンスクリット語で「宇宙の頭」と

言いたい。

地元のシェルパは

「チョモルンマ」「チョムランム」=チベット語で「大地の母」と

呼んでいる。

登頂の歴史

1953年 イギリスのエドモンド・ヒラリーとシェルパのテンジン・ノルゲイ

1970年 日本人として松浦輝夫と植村直己が初登頂

1975年 田部井淳子が女性として初登頂

2013年 三浦雄一郎が80歳の最高齢で登頂する予定

エベレストの高さ

ネパール  8848m(1954年のインド測量局の測定値)

アメリカ   8850m(1999年の全米地理学協会のGPSによる測定値)

中国     8844.43m(2005年の中国国家測量局の測定値)

        3.5mの積雪を含まない。

|

« 「松下竜一の青春」を読み始めて その5(75~94) | トップページ | 「松下竜一の青春」を読み始めて その6(75~94) »

コメント

>「サガルマータ」=「宇宙の頭」
>「チョムランム」=「大地の母」

どちらも壮大なネーミングですね。
エベレストは大陸の衝突によってできた、
地球のしわだという話も聞きましたが、
それもまた自然の壮大さですね。

お気を付けて、楽しんできてください。

投稿: 迷道院高崎 | 2012年11月 3日 (土) 07:18

おはようございます、いちじん様、迷道院高崎様

迷道院高崎さん、鶴と申します。宜しくお願いいたします。

いちじんさん、チョモランマに行かれるんですか!?
なにやら本格的な登山のようですが、大丈夫なのかなぁと、心配になってます。
山に登った事がありませんので、チョモランマと聞いただけでビビッてしまいます。
土産話を楽しみにしておりますので、無事の帰国を願っております。

投稿: 鶴 | 2012年11月 3日 (土) 08:50

迷道院高崎様

前回は、天候不順のため
カトマンズから
エベレスト街道の起点のルクラへ
飛行機が飛ばなかったので
アンナプルな方面に
急遽変更しました。
今のところ、飛行機は順調に
ルクラへ飛んでいるそうなので
期待しているのですが・・・
お天気は行ってみなければ
分かりません。
「ケ・セラセラ」の精神で
行ってきます。

投稿: いちじん | 2012年11月 3日 (土) 23:14

鶴様

今晩は、わたしたちは
エベレストに登るのではなく
エベレストの姿(山頂部分)を見くのです。

エベレスト街道を辿り、
カラパタール(5545m)まで
行きたいところですが、
中間地点のタンボチェ(3867m)が目標です。
高山病になる可能性もあるので
そこまで行けないかもしれませんが
身体の調子を見ながら
ゆっくり登ろうと思っています。

投稿: いちじん | 2012年11月 3日 (土) 23:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183945/56029488

この記事へのトラックバック一覧です: エベレスト街道 準備:

« 「松下竜一の青春」を読み始めて その5(75~94) | トップページ | 「松下竜一の青春」を読み始めて その6(75~94) »