« 群響 第486回定期演奏会 | トップページ | エベレスト街道2012 (6)幸せ感(労働と食事) »

2012年11月25日 (日)

牛ヒレのパイ包み焼き

我が家でちいさな祝い事があった。

郊外のレストランで会食会。

そこで最後に出たのが

牛肉の料理だった。

軟らかくてレアのようだった。

初めての感触、初めての味わいだった。

肉を食べないけいこさんの分まで

わたしは食べたが

子1は気持ちが悪いと言って

ほとんど残してしまった。

そして、会食後

あのステーキはイタダケ無かったと

子1がもらした。

そこで、次の日レストランに料理の説明を聴くことにした。

牛ヒレのパイ包み焼き」と言って

調理するのに技術がいる料理とのこと。

http://www.kyounoryouri.jp/recipe/6761_%E5%B1%B1%E5%8F%A3%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%83%95%E3%81%AE%E7%89%9B%E8%82%89%E3%81%AE%E5%8C%85%E3%81%BF%E7%84%BC%E3%81%8D.html

この説明を料理を運んできた時に

言ってもらえれば良かった。

|

« 群響 第486回定期演奏会 | トップページ | エベレスト街道2012 (6)幸せ感(労働と食事) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183945/56193407

この記事へのトラックバック一覧です: 牛ヒレのパイ包み焼き:

« 群響 第486回定期演奏会 | トップページ | エベレスト街道2012 (6)幸せ感(労働と食事) »