« 煮リンゴ | トップページ | 群響特別演奏会 »

2012年11月 3日 (土)

第13回 伊藤正ピアノリサイタル

会場 前橋市民文化会館 小ホール

時間 19:00~

プログラムのテーマ ~24の調べ~

長調12個

短調12個

合わせて24個の曲想をショパンのエチュードで

順番に紹介する中で

以下の曲を演奏した。

バッハ         主よ人の望みよ喜びよ   ト長調

チャイコフスキー   白鳥の湖より 「情景」   ロ短調

ショパン        別れの曲           ホ短調

リスト          ラ・カンパネラ        嬰ト短調

             休憩

ドビュッシイ      月の光            変ニ長調   

リスト          愛の夢            変イ長調

ベートーベン      「運命」第1楽章      ハ短調

「ラ・カンパネラ」と「運命第1楽章」の演奏が

圧巻だった。

けいこさんの鳥仲間のKさん(83歳)にこのコンサートを紹介したら

快く来てくれた。

音楽に造詣が深くプログラムの調の図を見て

「これは5度圏ですね」と教えてくれた。

よく見たらその図の中央に

Cycle of  5th とあった。

そのことらしい。

「平均率が・・・」と説明してもらったが

それ以上は理解できなかった。

すると「ウキペディアによく説明されていますよ」と

教えてくれた。

ウキペディアの「5度圏」

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%94%E5%BA%A6%E5%9C%8F

ラ・カンパンネラはパガニーニのヴァイオリンの曲を

リストがピアノ曲にしたとか、

昨年ウィーンでウィーンフィルを聴いた話をすると

バレンボイムは名指揮者で・・・とか

アイーダを見た話をすると

日本の舞台は小さくて奥行きないので

兵隊の行進が十分にできないとか

いろいろ面白い話が聴けた。

去年の3月、伊藤さんご夫妻に案内してもらって

ウィーンへ一緒に行った人たちが

何人も来ていて懐かしかった。

付記

わたしたちが高校受験の時

受験科目は9科目だった。

音楽があった。

それで長調と短調の関係を

丸暗記して覚えた。

「ハイ・トホ・ヘニ・ニロ」

理屈は分からないが

今でも言える。

|

« 煮リンゴ | トップページ | 群響特別演奏会 »

コメント

こんにちは、いちじん様

今、急いでいちじん家を訪問すれば、「煮りんご」のお裾分けをいただけるのでしょうか、ハハハ。

先年亡くなってしまいましたが、高崎の友人がクラッシック好きでした。つれあいが誘いを受けて、何度か聴きに連れて行って貰っていました。
クラッシック会場は、咳をするのも気を使ってしまう様な雰囲気がありそうで、クラッシックが苦手です。
一方、ジャズが大好きで、レコード収集に嵌った時期がありました。
「クラッシックは売春宿が育て、ジャズは酒場が育てた」という言葉がありますが、前者は本当なんでしょうかねぇ?!

投稿: 鶴 | 2012年11月 4日 (日) 16:38

煮リンゴはタッパに入って
冷蔵庫で鶴さんのお越しを
お待ちしています。

けいこさんがジャズも好きなので
聴ききに行くことが
あります。
わたしはお酒が好きなので・・・

その言葉はいつ頃できたのでしょうか?
クラシックは
ベートーベンやモーツアルトの頃
ジャズは
アメリカでアフリカから強制的に
連れてこられた人々が虐げられていた頃
と言うことでしょうか?

投稿: いちじん | 2012年11月 5日 (月) 06:17

こんにちは、いちじん様

「クラッシックは~」という言葉は古い言葉ではなく、比較的新しいものだと思います。
後段のジャズに関しては、酒場はジャズ・マンの稼ぎ場であり、発表の場であり、腕を磨く場であった訳ですから、「酒場が育てた」というのも納得出来るのですが、クラッシックに関しては知識が無いもので、多くの奏者達がどうやって稼ぎ、腕を磨き、発表していたか知らないんですね。で、この言葉に当った時、半信半疑でジャズにおける「酒場」の役割を、クラッシックでは「売春宿」が果たしたのかな、と思っていましたので、お訊ねした次第です。

けいこさんはピアニストなんですね。
ピアノは打楽器だからと言いつつ、強いタッチで線をブチッと切ってたりして、ハハハ。
これは冗談ですので、ナイショにしておいてくださいね。
煮りんごのご相伴にあずかれなくなってしまいますから。


投稿: 鶴 | 2012年11月 6日 (火) 13:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183945/56036664

この記事へのトラックバック一覧です: 第13回 伊藤正ピアノリサイタル:

« 煮リンゴ | トップページ | 群響特別演奏会 »