« 郵送 | トップページ | 幸せをもとめて 第15回 »

2012年12月 5日 (水)

オオミツバチの巣?

NHKのHPより
地球ドラマチック
「少年VS巨大ミツバチ~ヒマラヤ 断崖絶壁での戦い~」
高値で取引される幻のハチミツを求めて、
断崖絶壁でヒマラヤオオミツバチの巣をとるネパールの男たち。
父の後を継ごうと、初めて命懸けの作業に挑んだ14歳の少年を追う。
ネパールの山岳地帯。
地上70メートルの断崖絶壁で、命綱もなく、
手製の縄ばしごだけを頼りにハチの巣をとる男たちがいる。
“ハニーハンター”と呼ばれ、ヒマラヤオオミツバチの巣を狙う。
2メートルもの巨大な巣からとれる“幻のハチミツ”は高値で取引される。
14歳の少年モティは、父の後を継ごうとハニーハンターとして修業を始めたばかり。
ベテランのハンターに教わりながら、初めて命がけの作業に挑む。
12月1日にこの番組の後半を見た。
エベレスト街道の帰り道
岩壁にハチの巣があるのに気付いて
写真を撮ったのだが、あれは
ヒマラヤオオミツバチの巣だったのかもしれないと思い、
画像を探してみた。
Dsc_0660
アップ画像
Dsc_0663
蔓で作った手製の縄ばしごを使って命懸けで少年が蜜を
取っていたが、
こういう岩壁にある巣を取るのは
危険極まりないとつくづく思った。
最後、少年が取った蜂蜜をベニの町に
父親が売りに行くが
仕事の危険度に比べて安い値段だった。
わたしたちは
このベニの町には思い出がある。
3年前(2010.1.1.)にジョムソンからトレッキングでポカラ方面に降りたが
バンダ(ストライキ)のため、バスが動かなくなり
ベニの町で数時間滞在を余儀なくされてしまった。
路上で子どもたちにスコープを覗かせてやったり、
20100101_007
                   by Miki
Dsc_0262
                                          by Itijin
広場で一緒にバスケットボールをしたりした町だ。
20100101_003
                                             by  Miki
散歩したり、昼食を薄暗い食堂で食べた記憶もある。
Dsc_0291
                                          by Itijin
偶然見た番組だが
ベニの町といい、ヒマラヤオオミツバチといい、
非常に身近に感じられた。

|

« 郵送 | トップページ | 幸せをもとめて 第15回 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183945/56254938

この記事へのトラックバック一覧です: オオミツバチの巣?:

« 郵送 | トップページ | 幸せをもとめて 第15回 »