« ヒマワリの種 | トップページ | GSAだった »

2013年1月11日 (金)

HASTAて何だ?

ホームステイするJ君たちを歓迎する交流会

会場 市内のホテル

時間 18:00~20:00

プログラム 

   市長や教育長の挨拶

   ケルビン高校の副校長の挨拶

   対面式

   夕食会

J君は心身共にスマートな(格好良くて理知的な)青年だった。

とても15歳とは思えなかった。

そこで、J君のクラブについて訊いたところ

「HASTA」と言って説明してくれたが

さっぱり分からない。

手渡された案内書には

「Hopefully Aware Student Taking Action 学生啓発運動」

とあるだけ。

そこで、ネットで調べたら、とてつもなく社会的な活動をしているクラブだった。

以下は和訳にしたもの。

http://honyaku.yahoofs.jp/url_result?ctw_=sT,een_ja,bT,uaHR0cDovL3d3dy53c2QxLm9yZy9rZWx2aW4vZGVwYXJ0bWVudHMvc29jaWFsX3N0dWRpZXMvNi9oYXN0YS5odG0=

上記の中に

注目すべき言葉があったので

以下にコピー(訳はわたしが直訳したもの)

HASTA's creed has long been Margaret Mead's famous observation:  "Never doubt that a small group of thoughtful, committed citizens can change the world... indeed, it is the only thing that ever has..."
HASTAの 信条は、ずっと以前からマーガレット・ミードの有名な発言に基づいている:

思慮深い、献身的な小さな市民のグループが世界を変えられるということは、決して疑いない・・・真実だ。それは、これまでになかった唯一のものである...

付記:マーガレット・ミード

マーガレット・ミードの格言の

名訳があった。

http://maxim.seesaa.net/article/22884629.html

このように訳せば

判りやすい!

|

« ヒマワリの種 | トップページ | GSAだった »

コメント

「HASTA」初めて聞きました。
素晴らしいクラブ活動ですね。

以前、「ペイフォワード」という洋画を見て、すごく感動したことを覚えています。
http://www.awaji-net.com/pay-forward/

日本にも広めたいですね。

投稿: 迷道院高崎 | 2013年1月12日 (土) 17:45

素敵な映画の紹介を
有り難うございます。
欲にとらわれない
無償の行為の広がりは
世の中を明るくしていくと
思います。

投稿: いちじん | 2013年1月14日 (月) 05:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183945/56521130

この記事へのトラックバック一覧です: HASTAて何だ?:

« ヒマワリの種 | トップページ | GSAだった »