« 群響第487回定期演奏会 | トップページ | 定期通院日 »

2013年1月27日 (日)

今年最初の登山

今日は何処の山に行こうかと

屋根に上がって山々の状況を見た。

赤城山は雲の中だった。

浅間山はくっきり姿が見えた。

そこで、高峰高原方面に決めた。

上信越道の藤岡から入ろうとして気付いた。

ETCカードが無かったことに!

仕方なく、久しぶりに一般車の入口から入った。

割引無しで3割高かった。

高峰高原に向かうと

麓から雪があった。

11:00

高峰高原ホテルの駐車場に車を止めて

準備した。

けいこさんが

黒斑山に行くには時刻が遅すぎるし

今年初めてで体慣らしだから・・・

ということで

高峰山になった。

ホテルの裏でスノーシューを履き

登りだした。

マイナス10℃位(印象)で初めは寒かったが

しばらく歩くと体がほてってきた。

Dsc_0174

前方が高峰山

Dsc_0177

雪庇が幾つかあった。

Dsc_0190

高峰山の山頂、バックは水ノ塔山方面

Dsc_0203

眼下は小諸の町

12:30 この岩のところで昼食

Dsc_0206

山頂から黒斑山方面

浅間山はこの向こうだ。

Dsc_0210

この辺り、積雪は充分1mはありそうだった。

Dsc_0214

Dsc_0220

風の造形

Dsc_0222

Dsc_0231 

13:00 ホテル裏着

ホテルの温泉に入って

体を温めた後、

中軽井沢を経由して

レンジャクが来る長倉神社に寄った。

残念なことにレンジャクはいなかった。

アカゲラをちょっと見た。

Dsc_0241

神社脇を流れる湯川にかかる橋からの

浅間山。

Dsc_0246

隣の車の運転者(わたしより少し年配に見えた)が

動こうとしたらスリップして後方に動いてしまったと言う。

見ると後方の車との間が数㎝だった。

運転者に3人で後から押すからと言って

わたしは車のサイドから押す体勢に入った。

運転者が車を発進させると

車は後に動き出し、

後方の車に当たった瞬間、辛うじて止まった。

ほぼ平らな駐車場なのに前進しなかった理由は

ギアをバックに入れていたためだった。

いくら後から押しても

ダメなはずだ。

まさかのことが起こっていたのだった。

次にギアを入れ替えたら

押すことなく車はちゃんと前進した。

当てられた車はホテルの従業員のもので

大したこともなかったので何もないことになった。

それにしても

危なかった。

帰りの車の中で二人で話した。

平らな駐車場で後に動くはずはないのだから

初めにギアを確認すれば

良かったのに・・・

凍った雪の上だったので

スリップして後に動いたと思ってしまった。

まさかギアをバックにして発進したとは

思ってもみなかった・・・

あるはず無いことが

あることも・・・

これ他人事ではないなぁ・・・

溶け出した雪道を

慎重に下ってきた。

|

« 群響第487回定期演奏会 | トップページ | 定期通院日 »

コメント

こんにちは、いちじん様

こうした事態を招く方は、大事に至らぬうちに運転を止めた方が良いかも知れませんね。天からの啓示かも?!
ボクなど体力の衰えを自覚して、登山など諦めております。まぁ、若いころからやってませんので、単に怠惰なだけですが、ハハハ。

投稿: 鶴 | 2013年1月28日 (月) 10:41

先日息子2に
「あと10年は車に乗るんだ」
と言うと
「え、そろそろ免許証を返上することを
考えた方が良いんじゃない」
と言われ、
そんな年に見られているのかと
驚きました。
そう言えば、
前進なのに
バックにギアが入っていたことがあって、
慌てて止めたことが・・・
あと半年で高齢者の仲間入り
運転は慎重にしていこうと
改めて思いました。

投稿: いちじん | 2013年1月29日 (火) 05:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183945/56641621

この記事へのトラックバック一覧です: 今年最初の登山:

« 群響第487回定期演奏会 | トップページ | 定期通院日 »