« 知らなかった | トップページ | 緒方拳の想い出 その1 »

2013年1月30日 (水)

幸せをもとめて 練習第22回

13:00 集合

衣装を身に着けてホールへ

会場設定をした後

舞台稽古。

1場 

わたしたちの場面はもっと動きをダイナミックに

動くように指摘された。

一ヶ所に固まってしまっているとのこと。

舞台をもっと広く使うように言われた。

ーーー

ーーー

8場

「ばっちりだよ」と言うところを

どうしたことか

「大丈夫だよ」と言ってしまって真っ白!

その後が出ない。

しばらくの間・・・

プロンプターの世話になってしまった。

9場

役柄、歌に合わせて体を左右に揺する時

わたしがリード役をすることになった。

左側に重心を置くように揺すると良いと言われた。

休憩後

演出から順次指導があった。

声がホールの最後部まで届くように・・・

同じテンポではなく、場面に合わせて緩急をつける。

舞台を大きく使って演技する。

それぞれに課題があった。

公演まで後、3週間あまり。

いよいよ追い込みだ。

文化会館の外に出ると

まだ、西の空が明るかった。

暮れに比べると

日没が大分遅くなった。

春を感じた。

|

« 知らなかった | トップページ | 緒方拳の想い出 その1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183945/56663056

この記事へのトラックバック一覧です: 幸せをもとめて 練習第22回:

« 知らなかった | トップページ | 緒方拳の想い出 その1 »