« 元旦実業団駅伝 | トップページ | 新年会 »

2013年1月 1日 (火)

群響元旦コンサート

今年の指揮は

川瀬賢太郎がするというので

行くことにした。

486回定期演奏会(2012.11.24)で

若いがキビキビと自信を持って

棒を振る姿に

頼もしさを感じたからだ。

チケットを買いに行くのが遅かったので

中央部の後から2列目だった。

今日は何人知っている人に会うかな?

二人で話しながら、地下駐車場を出た。

3人と予想した。

入口で

近所のパン屋の合唱が好きなマスター。

休憩時間

ロビーで

市民演劇の演出、制作ご夫妻。

ご夫妻はこの元旦コンサートが始まった第1回から

毎年欠かさず聴きに来ているとのことだった。

新年早々予想が

的中した。

ベートーヴェン/ 序曲《レオノーレ》 第3番 作品72b

モーツァルト/ 3つのドイツ舞曲 KV605

ブラームス/ ハンガリー舞曲 第5番、6番

シベリウス/ 悲しきワルツ 作品44-1

マルケス/ ダンソン 第2番

ベートーヴェン/ 交響曲 第7番 イ長調 作品92

アンコール 

ヨハン・シュトラウス  ラデツキー行進曲

ブラームスのハンガリー舞曲の第5番だけを知っていた。

ベートーベンの7番は初めて聞く曲だった。

予想どおり

川瀬は元気よく

スマートに棒を振っていた。

気持ち良くて

睡魔に襲われた。

そして、その誘惑に勝てなかった。

おみやげがあった。

コーンフレーク1箱

紅白のすあま

黒酢茶1パック

ドライソーセージ90g

それから駐車代金が無料だった。

|

« 元旦実業団駅伝 | トップページ | 新年会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183945/56449863

この記事へのトラックバック一覧です: 群響元旦コンサート:

« 元旦実業団駅伝 | トップページ | 新年会 »