« 蕎麦くうかい 第16回 | トップページ | 幸せをもとめて 練習第22回 »

2013年1月30日 (水)

知らなかった

松下竜一を知らなかった。

そして、鶴彬も知らなかった。

知らないことばかり・・・

鶴彬の映画が作られていた。

それも知らなかった。

知らないことばかり・・・

そこで

鶴彬を検索した。

その人となりが見えてきた。

http://tsuruakira.jp/

|

« 蕎麦くうかい 第16回 | トップページ | 幸せをもとめて 練習第22回 »

コメント

こんばんは、いちじん様

岩手県では「鶴彬の授業」が行われている学校があり、「子どもの心を育てる川柳教室」なども盛んなようです。
以下は講義を受けた小学生の感想文の抜粋です。

つかまっても自分の意見を最後までつらぬいた。このことに私は強く心をうたれました。(小六)

鶴彬が言論の自由がなかった時に命がけで戦争に反対する所がぼくは、人間の生き方の手本と言えるところだと思います。鶴彬は人間の鑑だと思います。(小六)

勇気を持って戦争に反対する川柳をかいた鶴彬は、日本が誇るべき歴史上の人物だと私は思います。(小六)

石川啄木と鶴彬、啄木と田中正造の密接な関係、なぜ歌碑が松園にあったのかなどの興味深いことが分かりました。(小六)

私の小六時代を思えば・・・、トホッ。

投稿: 鶴 | 2013年2月 1日 (金) 17:32

「盛岡市、光照寺」というメモだけは
取ったのですが・・・
石川啄木とどんな繋がりがあったのでしょうか?

啄木といえば
隣町に啄木と交流のあった佐藤石門がいました。
彼の作った雑誌『野の花』には
啄木の「野の花」という詩が掲載されています。
その雑誌を母から譲り受けていますので
それを「石川啄木記念館」に寄贈しようと
考えていたところです。
(20年前、コピーを届けました)
今度、盛岡に行ったら
光照寺にも行きたいと思います。

投稿: いちじん | 2013年2月 1日 (金) 21:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183945/56657516

この記事へのトラックバック一覧です: 知らなかった:

« 蕎麦くうかい 第16回 | トップページ | 幸せをもとめて 練習第22回 »