« my dairy | トップページ | 保育園でコンサート »

2013年1月25日 (金)

アイガモ農法とザンビアの旅

今日は現役時代の職場3の元同僚のTさんを

アイガモ農法を実践しているOさんのところに

案内した。

これからアイガモ農法を試みたいというTさんと一緒に

Oさんからアイガモ農法の苦労話を聴いた。

1反に

15羽くらい入れると

雑草は生えないとのこと。

若鳥の時はカラスに狙われることがあるそうだ。

アイガモは年によって動きが異なり、

田圃の中をよく動き回る年もあれば

あまり動き回らない年もあるそうだ。

餌を草の多いところに撒くと

アイガモがそこへ行って土をかき回すので

除草効果が高まるそうだ。

アイガモは柵から出ても、仲間のいる中に入ろうとして柵の回りを

動き回っていて遠くには行かないそうだ。

8月末には、アイガモを捕獲するが、

その後、カモ肉に加工する業者が近くになくて

大変苦労しているとのこと。

Oさん夫妻は1月初旬に

友人のMさんが働いているザンビアに行ってきたという。

アイガモ農法の話が終わってから

ザンビアの旅の様子をPCで見た。

ザンビアはアフリカ南部のほぼ中央にある。

首都ルスカのMさん宅やホテルに泊まって

いろいろな体験をしてきたそうだ。

現地の人々の表情は全体的に明るかった。

ザンビア南部にあるビクトリアの瀑布を

ヘリコプターに乗って見てきたので

その滝の写真を見ることができた。

世界3大瀑布の一つで世界遺産にもなっているだけあって、

凄い。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%82%AF%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%81%AE%E6%BB%9D

最後にドバイで飛行機の乗り換えるのに

20時間もあったので

ドバイ見物をして来たそうだ。

砂漠の中の巨大な人口都市だった。

カタールのドーハに似ていた。

ザンビアで働くOさんの友人は

Oさんが開催するイベントをよく手助けしていた

Mさん夫妻だった。

わたしたちもよく知っている夫妻だったので

これまた驚いた。

|

« my dairy | トップページ | 保育園でコンサート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183945/56626768

この記事へのトラックバック一覧です: アイガモ農法とザンビアの旅:

« my dairy | トップページ | 保育園でコンサート »