« 鳥見三昧 | トップページ | 幸せをもとめて 練習第24回 »

2013年2月12日 (火)

長七郎山

昨日と打って変わって

静かな日になったので

長七郎山へ向かった。

桜の里でレンジャクを見ようと車から

降りたが、鳥の姿は無かった。

スノーシューでいつもと同じ左回りで

行くことにした。

Dsc_0010

小沼を横断しようと

湖上を歩き出した。

Dsc_0013

昨日の強風で雪が飛ばされ

氷面が現れていた。

Dsc_0015

しばらく歩いていると

ドンッーと響いてきた。

氷が割れる音だ。

ちょっと不気味なので

岸寄りを歩くことにした。

Dsc_0016_2

小沼を渡り

誰の足跡もない新雪を踏みしめて

登った。

Dsc_0024

もうすぐ頂上だ。

後は浅間山。

Dsc_0035

頂上で前橋から来たというご夫妻と

スノーシュー談義。

奥さんが履いていた新調のスノーシューは

コンパクトで軽く、

それに加えて着脱が容易で

優れものだった。

ベルトが掛けにくく、

ゴムバンドがもろくなって切れて無くなってしまった

スノーシューを履いていた

けいこさんには好情報だった。

Dsc_0041

頂上から少し降りたところで

昼食。

Dsc_0049

左手奥が黒檜山

Dsc_0053

ワカサギ釣りができなくなって

人影が少ない。

寂しい大沼だ。

Dsc_0058

左回りをして帰ってきた。

晴れて空気が澄んでいれば

富士山が望めるのだが

今日は見えなかった。

良い汗をかいた

スノーシューだった。

Dsc_0062

帰りも桜の里に降りたが

鳥っこ1羽も

居なかった。

帰高は予定した

14:30ちょうどだった。 

|

« 鳥見三昧 | トップページ | 幸せをもとめて 練習第24回 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183945/56751938

この記事へのトラックバック一覧です: 長七郎山:

« 鳥見三昧 | トップページ | 幸せをもとめて 練習第24回 »