« 真緋の会 2月例会 | トップページ | 幸せをもとめて 練習第27回目 »

2013年2月22日 (金)

サバンナの風

群馬県立自然史博物館で

行っている小倉寛太郎の写真展が2月24日までだ。

行くとしたら今日しかない。

1人で行ってきた。

小倉は映画『沈まぬ太陽』のモデルとされた人物。

ケニアに行くのに彼の著書『東アフリカの鳥』を買って

愛読している。

写真はどれもサバンナを

そしてそこに生きる動物たちを

捉えていた。

素晴らしかった。

通路の両側の写真のタイトルが

額の下に付いていたので

上からの照明であるため

額の影になって読みにくかった。

というより、

腰をかがめて目を凝らさないと

読めなかった。

撮影者はタイトルにもいろいろ力を注いでいるのだから

もう少し見やすいようにしてもらいたい。

残念な展示方だった。

アンケートにそのことを書いてはみたが

あと2日でこの写真展は終了してしまう。

見に行くのが遅すぎた。

売店で小倉の著書等が販売されていたので

近著の『地平線の彼方に』という

小倉の写真集を購入した。

家に帰ってきて

眺めた。

写真の中に小倉の文章が引用されていた。

脱字に気が付いた。

「おかしいのはないか」とある。

これは

「おかしいのはないか」ではないかで

「で」が抜けていると思う。

小倉は2002年に逝去。

この本は2010年に小倉の関係者が出版したもので

小倉には責任はない。

残念だ。

|

« 真緋の会 2月例会 | トップページ | 幸せをもとめて 練習第27回目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183945/56821071

この記事へのトラックバック一覧です: サバンナの風:

« 真緋の会 2月例会 | トップページ | 幸せをもとめて 練習第27回目 »