« 獅子舞の復活なるか 衣装準備 | トップページ | 眼鏡屋で その1 »

2013年3月10日 (日)

第9回 ハッピー用会

会場 シンフォニーホール

時間 11:45~17:00

先生方 

  レオニード・グルチン

  ユリヤ・レウ

  ファニー・ブザールク

  高 杉

司会  

  イリヤ・グルチン

このプログラムを手にした時

この「ハッピー用会」が良く呑み込めなかった。

けいこさんは直ぐに解ったという。

ハッピーと

発表会を

かけたのよ!

そうか。

この発表会に参加するTさん夫妻から

紹介があったので

初めて聴きに行った。

チェロ、ピアノ、ヴァイオリンを

習っている方たちの年に一度の発表会だった。

プログラム

7組

休憩 15分

6組

休憩 15分

4組

ゲスト3組

5時間に渡る大演奏会だった。

会場はフラットだったが

良く響いて音響は良かった。

11番目に

Tさん(妻)は

ピアノソロで先日アルペジオで演奏した2曲を

そして

15番目に

1 Tさん(夫)はグルチンさんと

 ショスターコーヴィッチの

 チェロ2本のための前奏曲

2 Tさん夫妻で

 ピアソラの

 Ave Maria

ご夫婦で演奏する姿は

羨ましい限り・・・

凄いの一言だ。 

指導者のグルチンさんとユリアさんが

時々自分の生徒の演奏に合わせたが

それは見事だった。

最後にゲストの演奏があった。

音大現役のNさんが

 チェロ ポッケニーニの曲

今春、音大を合格したSさん 

 ピアノ ベートーベン ピアノソナタ4番

ベルギーで7年間学んで最近帰国したIさん

 チェロ フランクの曲 第3、第4

Sさんは自信を持って受験曲を演奏した。

これから音大で学ぶと

更に素晴らしい演奏ができるようになるだろう。

Iさんのチェロの音は澄んでいて

美しい響きだった。

シンフォニーホールを出ると

大風が吹き荒れていたが、

そんなことを

少しも感じさせない

5時間の音の世界だった。

|

« 獅子舞の復活なるか 衣装準備 | トップページ | 眼鏡屋で その1 »

コメント

昨日はお越し頂き有り難うございました。
長時間の発表会にも拘らずおつきあい頂き感謝しています。
2週続きの発表会でしたが、練習ではありえないミスをしたりドキドキでしたが、新たな発見もあり新たな出会いもあり…今はホッとしています。
楽器、年齢、レベルもいろいろですが、音楽を愛する気持ち、これだけは一緒ですね(笑)

投稿: yuko | 2013年3月11日 (月) 09:15

お陰様で
ピアノとチェロとヴァイオリンの曲を
沢山聴くことができました。
ありがとうございました。

わたしの友人の息子さんは
この春、音大(チェロ)を卒業します。
3月24日(日)に
上野文化会館で卒業演奏をするそうです。
残念ながら、伊藤さんと水谷さんの
コンサートとバッティングして
聴きに行くことができません。

彼が1年生の時、
我が家のホームコンサートで
演奏してもらったことがあります。
4年間の成果を
聴く機会を作れたら良いなぁと思っています。

チェロの音に魅せられので
宮沢賢治の「セロ弾きのゴーシュ」を
もう一度読み直そうと思います。

投稿: いちじん | 2013年3月12日 (火) 00:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183945/56931734

この記事へのトラックバック一覧です: 第9回 ハッピー用会:

« 獅子舞の復活なるか 衣装準備 | トップページ | 眼鏡屋で その1 »