« レストランで | トップページ | 顔合わせ »

2013年3月29日 (金)

獅子舞復活なるか 上毛新聞に掲載

3月29日の上毛新聞に

27日、上中居獅子舞保存会が

上中居諏訪神社に獅子舞を奉納した記事が

掲載された。

17年振り獅子舞復活

高崎諏訪神社

住民軽やかに奉納

高崎市上中居町の諏訪神社(堤三郎宮司)で27日、

春季大祭が開かれ、上中居町獅子舞保存会(吉井正利会長)による

伝統の獅子舞が17年振りに奉納された。

同町の獅子舞は、長持ちに記された文字などから、

1832(天保3)年に倉賀野地区から伝承されて以来、

およそ180年間の歴史があるとされる。

後継者不足により、10年以上活動を休止していたが、

地域の伝統芸能を伝承していこうと保存会が復活させた。

保存会のベテランが中心になり、地元の子どもや住民に

7日間集中して踊りを指導。

衣装の着付けをできるメンバーも少なく、初めは苦労したという。

祭りの式典後、大黒や獅子に扮した踊り手5人が

獅子の音に合わせて登場。

桜が咲き始めた境内で軽やかに踊り、

集まった地元住民が温かい拍手を送っていた。

県央ページの右上に

掲載された。

写真と共にボリュームのある記事で

詳しく紹介されていたので嬉しかった。

|

« レストランで | トップページ | 顔合わせ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183945/57063959

この記事へのトラックバック一覧です: 獅子舞復活なるか 上毛新聞に掲載:

« レストランで | トップページ | 顔合わせ »