« トイレ騒動 | トップページ | ぼたもち作り(レシピと歴史) »

2013年3月19日 (火)

ブルーレイ録画機が来た・・・

13:00

電気店を営んでいる友人のY君が来た。

TVが古い型なので接続に手間どったが

ブルーレイ録画機で

DVDが見られるようになった。

写真もSDカードを入れれば

見られるようになった。

処理能力があるので

今までのに比べるととても速くなった。

ところで

どうしてブルーレイと言うの?

今までのは赤い線で穴を開けていたが

この機種は青い線で開けるからブルーレイと言うのさ。

青い線の方が赤い線より波長が短いから

沢山の穴が開けられるので

記録も沢山できるという訳。

なるほど。

電気に疎いわたしに

分かるように説明してくれた。

参考

内蔵HDD容量が2TBだから、

2テラバイトで2000KB。

254時間録画できるとあった。

|

« トイレ騒動 | トップページ | ぼたもち作り(レシピと歴史) »

コメント

こんばんは、いちじん様

ブルーレイ録画機設置完了ですね。
最近は値下げになっているとはいえ、録画機もディスクもDVDに比べれば高いですね。
ディスクは情報量が多く入れられるので、再生する際の読み込み時間がDVDより長くかかりますね。
書き込み速度もDVDの16倍速に対して、BDは6倍速ですから、これも長いですね。
でも、画像は綺麗ですよねぇ!

ところで、ブルーレイの「ブルー」が青という意味ならBlue-rayだと思うのですが、Blu-rayですからねぇ。
和製英語の氾濫は困ったことです。

投稿: 鶴 | 2013年3月19日 (火) 18:32

全くの分かりませんので
ちょっと調べてみたら
こんなことが書かれていました。
以下コピーです。

 名前の由来は青紫色のレーザーで読み取ってることからブルーレイと呼ばれ、表記が「Blue-ray」ではなく「Blu-ray」なのは、英語圏では「青色の光」という一般的な言葉として扱われ、商標として登録できない可能性があるため、あえて「Blu-ray」という辞書にない単語にしたようです。略名はBDと言います。

投稿: いちじん | 2013年3月20日 (水) 00:19

こんばんは、いちじん様

お手数をおかけいたしました。有難うございます。

少し前からPCでBD-Rの再生が出来なくなってしまいました。
TVのプレイヤーでは再生できるのですが、PCドライブに挿入すると、「初めてBD-ROMの再生をします」と表示され、設定をするように指示がでます。
再生ソフトを更新していないのが原因かもしれませんが、あれこれやってみても解決しません。
こうなるとアナログ人間の私ではダメですので、ちかいうちにPCに詳しい友人に教えてもらいに行ってきます。

ところで、片面1層と片面2層のBD-Rは、高崎方面の店でも高いですよねぇ??
こちらでは、1層・50枚が2500円、2層10枚が同じくらいで売られてますが、DVDに比べると高くて・・・。

投稿: 鶴 | 2013年3月22日 (金) 19:11

BDを使うのは初めてなので
まだ要領を得ません。
BDには1層ものと2層ものがあることさえ
知りませんでした。

ところでこのDVDとかBDの
耐久性はどのくらいあるのでしょうか?
和紙に筆字の記録には
敵わないと思います。

投稿: いちじん | 2013年3月24日 (日) 10:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183945/56989238

この記事へのトラックバック一覧です: ブルーレイ録画機が来た・・・:

« トイレ騒動 | トップページ | ぼたもち作り(レシピと歴史) »