« 春を食す | トップページ | グリーンカーテン作戦 その1 »

2013年4月28日 (日)

窯出しコンサート

窯出しコンサート

会場 倉渕村の佐藤烓さんの工房

時間 15:00~17:00

演奏者 ヴァイオリン 筒井志帆(群響)

      コントラバス 石神悠(群響)

      ピアノ     日垣歩美(ひがきホテルラウンジコンサートの主催者)

登り窯から出したばかりの作品が

庭に列べた板の上に

無造作に多数置いてあった。

Dsc_0005

Dsc_0006 

その作品を前に

演奏会が始まった。

プログラムは配布されなかったので

演奏曲名をその都度、筒井さんが言った。

Dsc_0015

プログラム

1 3人の演奏       ヘンデル   ?

2 3人の演奏       ヘンデル   ?

3 コントラバス独奏   フリーバ    プレリュード

4 ピアノの独奏      リスト      愛の夢

5 ピアノとヴァイオリンの演奏 ?    聴いたことのある曲    

6 3人の演奏       ラベル     ?

7 3人の演奏       ?        情熱大陸

休憩

1 滝廉太郎       花

2 ?           花は咲く

3 アイルランド民謡  ロンドンデリー

4 ピアソラ        春、冬  (アルゼンチンタンゴ)

アンコール曲       ユーレイズアップ

時々ニワトリが鳴いたり

飼い犬が吠えたりしたが

青空の下

新緑の中でのコンサートは

至福な時間だった。

演奏会の後の烓さんが

「ここには自然と文化が

あります」

と言った。

その通りだ。

作品を希望すると烓さんが

値段を付けてくれた。

火に掛けられる陶板鍋と

めぐみ夫人のサバンナの動物の皿を

5枚購入した。

帰ろうとしたら

タクシーに乗り溢れた東京のご夫婦がいたので

高崎駅まで送った。

お二人はプロ野球が好きとのこと。

珍しいイタリーの野球事情を

聴くことができた。

ピアノの演奏者のプロフィール

ひがきホテル ラウンジコンサートよりコピー

ピアノ:日垣歩美

東京音楽大学付属高等学校を経て、同大学器楽科ピアノ専攻卒業。

ポーランド国立ワルシャワ・ショパン音楽アカデミー(現:ショパン音楽大学)研究科修了。

ディプロマ取得。

第10回群馬県ピアノコンクール高校生の部最優秀賞受賞、

第1回スーパー・クラシックオーディションピアノ部門第3位およびピアノ・シュロス賞受賞、

第16回日本ピアノ教育連盟オーディション大学生部門奨励賞受賞。

ポーランド国立クラクフ室内管弦楽団と共演、

ポーランド国内や地元:群馬県内に手リサイタル開催等、

日本及びポーランドにおいて多くの演奏会に出演。

2005年、ワルシャワ・フィルハーモニーホールにて

ポーランド作曲家によるピアノ作品を集めたCDを録音、リリース。

2008年、第29回草津夏期国際音楽アカデミー室内楽クラスに奨学金を得て参加。

J.パノハ、W.ヒンク、S.ガヴリロフの各氏によるマスタークラスを受講。

これまでにピアノを弘中幸子、菊地麗子、L.ベニシュ、B.カヴァラの各氏に師事。

現在、後進の指導にあたりつつ、ソロのほか、室内楽や伴奏者としても活動中。


|

« 春を食す | トップページ | グリーンカーテン作戦 その1 »

コメント

広報高崎5月1日号表紙は、烓さん主宰の榛名山麓工芸会の皆さんですね。
同窓生として、天晴れです!

投稿: 迷道院高崎 | 2013年4月29日 (月) 12:46

佐藤烓さんは倉渕村の文化活動の
原動力の中心です。
微力ながら応援していこうと
思っています。

ところで、その広報の中に
今年度の第4回高崎市民演劇の募集が
掲載されましたが
写真を見て
ビックリ!でした。

投稿: いちじん | 2013年4月30日 (火) 22:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183945/57268478

この記事へのトラックバック一覧です: 窯出しコンサート:

« 春を食す | トップページ | グリーンカーテン作戦 その1 »