« 腹八分目 | トップページ | 群響オープニング・コンサート »

2013年4月20日 (土)

「高崎音楽CAFE」開店

隣町に

『高崎音楽CAFE』が近日開店する予定。

この店はオカリナの先生と

珈琲店のTさんが協力して運営する。

ほぼ準備が整ったと言う知らせがあったので

けいこさんと行ってみた。

Dsc_0059

オカリナの先生の手作り作品が棚に

沢山並んでいた。

Tさんに珈琲を入れてもらった。

3種類の豆をそれぞれ2段階に煎ったものを

ブレンドしたこの店独自の味。

少し濃い目で香りが良かった。

先客3人と一緒に

Tさんのクラリネットと

オカリナの先生のオカリナの演奏で

『この道』を聴いた。

この店の看板には楽譜が2小節

描かれている。

その曲が『この道』。

|

« 腹八分目 | トップページ | 群響オープニング・コンサート »

コメント

こんばんは、いちじん様

特色のある喫茶店のようですね。
クラリネットはジャズ・ミュージシャンが使いますので、馴染みのある楽器です。
「音楽喫茶」という事ですが、「この道」系統の音楽が中心なんでしょうかね?!

コーヒーの焙煎もこだわりがあるようですが、私は違いのわからない男です。
高崎にはジャズ喫茶が何軒かありましたね。
私はジャズ喫茶のオーナーがこだわる微妙な音の差も解りません。困ったものなんです。

そういえば、洋子さんが松下センセと結婚したことを「不思議だ」と言ったところ、友人に「鶴さんには文学というものが理解できない」と言われたなぁ・・・。

投稿: 鶴 | 2013年4月21日 (日) 18:57

「この道」系かと思いますが
今度行った時、ジャズ系の音楽について
確認してきます。

ジャズ系の喫茶店なら
近くにあります。
第1回目の市民演劇では
ジャズのレコードジャケットをお借りして
大変お世話になりました。

松下センセは洋子さんのお母さんに
憧れていたところ
そのお母さんが娘の洋子さんを
松下センセに託されたとのこと!
「事実は小説より奇なり」と言われますが
「事実は文学(虚構)を越える」ですかね。


投稿: いちじん | 2013年4月22日 (月) 00:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183945/57215265

この記事へのトラックバック一覧です: 「高崎音楽CAFE」開店:

« 腹八分目 | トップページ | 群響オープニング・コンサート »