« 種蒔き | トップページ | キンカンの甘露煮 »

2013年4月26日 (金)

シャンソンを歌う人 その2 

午後、「高崎音楽CAFE」に行った。

この店は21日に開店になったそうだ。

珈琲の値段が決まっていた。

350円。

お客が一人いた。

Mさんはシャンソンを歌う人だった。

昨夜、会ったHさんと同じ安達先生に教えを受けたそうだ。

二日続けてシャンソンを歌う人に

お会いするとは・・・

Mさんは近いうちにコンサートをするということだった。

それにもまして

マスターのTさんが

安達先生と交流があったということで

安達先生のお若い時の話が聴けた。

世の中、狭い!

1時間ほどしたら

Tさんという方が来店した。

隣に座ったので旅の話をしていたら

カナディアンロッキーに行ったことがあるとのこと。

ビジネスクラスを使った贅沢なツアーでの様子を

聴くことができた。

わたしたちが7月に行くカナダへの旅は

エコノミークラスでB&Bに泊まるものだ。

Tさんの話は

わたしたちにはとても経験できない内容だったので

面白かった。

|

« 種蒔き | トップページ | キンカンの甘露煮 »

コメント

おはようございます、いちじん様

「陽はまた昇る」は同名異曲がありますので、「いちじんさんのレパートリーは?」と考えましたが、谷村さんの曲だろうと推測致しました。

歌唱力って、教えてもらうと向上するんですかねぇ?!
ジャニーズ事務所のタレントを思うと、指導を受けてもダメな気がします。指導を受ければ、その人なりに上手くなるのでしょうけど・・・。

いちじんさん宅の庭が、とてつもなく広いものに思えてきました。
キンカン、サクランボを始め、色々なものが栽培できて良いですよねぇ。
ボクは食べるのが得意ですよぉ~、ハハハ。

投稿: 鶴 | 2013年4月27日 (土) 08:20

鶴様

正解です。
「夢を削りながら生きていく・・・」が
気に入って覚えました。

合唱の先生にいつも言われています。
「楽譜を見たって歌えません。
よくピアノの音を聴きなさい」と。
歌は理屈ではなく、音感ということが
しみじみ分かってきました。

サクランボは移植して数年です。
一昨年、初めて2~3粒味わいましたが
昨年は収穫なしでした。
今年こそ
1パックくらいは収穫したいものです。

投稿: いちじん | 2013年4月28日 (日) 09:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183945/57254357

この記事へのトラックバック一覧です: シャンソンを歌う人 その2 :

« 種蒔き | トップページ | キンカンの甘露煮 »