« 感想文集作り その4 | トップページ | 荒船山 1422m(経塚山) »

2013年4月16日 (火)

映画『襤褸の旗』を求めて

鶴さんから得た映画『襤褸の旗』の情報を

ネットで探していたら

素晴らしいブログに出会った。

http://toriiyoshiki.blogspot.jp/2011/10/blog-post_23.html

この映画を是非見たい。

|

« 感想文集作り その4 | トップページ | 荒船山 1422m(経塚山) »

コメント

高崎の中央図書館に、ビデオがありますよ。

投稿: 迷道院高崎 | 2013年4月16日 (火) 08:33

おはようございます、いちじん様、迷道院高崎 様

貼り付けてあったブログにとんでみました。
「アイヌモシリ」という文字が目に入り、さらに「沙流川」なども出てきて、ブログ主さんはアイヌ民族史にもお詳しい方のようですね。

「襤褸の旗」のビデオを持っていたのですが、現在は行方不明です。友人に貸しっ放しになっている可能性が大です。

投稿: 鶴 | 2013年4月16日 (火) 09:29

迷道院高崎さま

ネットで探したら、VHSが
13万円以上もするので・・・
貴重な情報を
ありがとうございました。

投稿: いちじん | 2013年4月17日 (水) 02:44

鶴さま

昨年、雌阿寒岳に登った夜
アイヌの踊りを今に
伝えている方々のことを
思い出しています。

やっぱり!
『襤褸の旗』をお持ちだったのですね。


投稿: いちじん | 2013年4月17日 (水) 03:01

おはようございます、いちじん様。

えっ、13万円って、「襤褸の旗」がですかぁ!?
う~ん・・・。

テープからDVDに変わる時、襤褸の旗をDVDに焼き直したんですよね。フランキー堺さん演ずる「山頭火」も一緒に焼いて、襤褸の旗と山頭火が一枚になっているDVDもあったんです。
昨年の3月にボヤをだしてしまい、私の部屋にあったものは、ほとんどダメにしてしまいました。
襤褸の旗・山頭火もダメにした一枚です。

投稿: 鶴 | 2013年4月17日 (水) 07:53

貴重な映像を沢山お持ちなのですね。
その一部を焼失されたと知り
驚いています。
言葉になりません。

放浪の俳人、山頭火も
魅力ある人物ですね。

鶴さんから沢山の刺激をいただき
中身の濃い日々を
送れるようになってきました。
感謝です。


投稿: いちじん | 2013年4月18日 (木) 02:03

こんばんは、いちじん様

「冗談はヨシコさん」ですよ。
こちらこそ感謝です。

残ったVHSを見ましたら、「山頭火」・「尾崎放哉」はありました。

  鉄鉢の中へも霰        山頭火
  入れ物がない両手でうける   尾崎放哉

山頭火は尾崎放哉のマネと言う人もありますが、托鉢に出て、鉄鉢すらない放哉。
痛ましすぎますね。

先日も北海道大学のアイヌの「骨格標本」の杜撰な管理が問題になっていましたが、墓荒しをしての盗骨も含まれており、問題だと思っております。
「旧土人保護法」に象徴されるアイヌ民族に対する日本の侵略、収奪ぶりは、まさに極悪非道ですよね。

「チョモランマ」を、何故「エベレスト」と言うのか、興味あるテーマであります。

投稿: 鶴 | 2013年4月19日 (金) 19:18

尾崎放哉?
またまた・・・
感謝です。

最近、雹と霰の違いを知ったところでした。
5ミリ以下を霰(あられ)
5ミリ以上を雹(ひょう)
漢字の違いは今、知りました。

19日のBSを見て初めて知りました。
「露寇」ということを。
蝦夷の地で江戸幕府とロシアとの
せめぎ合いがあったことを・・・

地球の歩き方(ネパール)には
イギリス植民地時代にインド測量局長官だった
イギリス人、ジョージ・エベレストに
ちなんだもの。
地元のシェルパは
「チョモルンム」「チョムランム」と使い
「大地の母」と言う意味。
と記されています。

投稿: いちじん | 2013年4月20日 (土) 01:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183945/57183106

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『襤褸の旗』を求めて:

« 感想文集作り その4 | トップページ | 荒船山 1422m(経塚山) »