« ミニ菜園造り その2 | トップページ | アオスジアゲハ »

2013年5月16日 (木)

greensleeves and surprise

今日はグリーンスリーブスの歌詞を

学んだ。

この詩は、1580年にEnglandで

作られたものだ。

Alas, my love, you do me wrong.

To cast me off discourteously.

For I have loved you well and long.

Delighting in your company.

Chorus:

Greensleeves was all my joy.

Greensleeves was my delight.

Greensleeves was my heat of gold.

And who but my lady greensleeves.

私が二十歳の頃、先輩から教えてもらった詩は

緑の並木に そよ風吹く頃

私の心も 緑に燃える

あなたと供に 語る日近いと

そよ風は今日も 囁いて過ぎて行った

というもので

清純な若者の淡い恋心を歌ったものだと

思っていた。

ところがこの原詩は

ヘンリー8世の禁断の恋歌だった。

古い英語が使われていて

難解だった。

最近、けいこさんのブログに

スイス在住の櫻井さやかさんから突然書き込みがあった。

7月26日に高崎コアホールで

ピアノとヴァイオリンのデュオリサイタルをする件での

問い合わせだった。

けいこさんがそれに応じ

そのコンサートのチラシを転送してもらって

プリントアウトしたので

わたしが壁に貼ったばかりだった。

K1さんも、K2さんも

ピアノを習っているので

そのコンサートを紹介しようとそのチラシを

外して持ってきて説明しようとしたら

先生が言った。

「Sayakaさんはわたしの友達です」

わたし

「え!」

けいこさん

It's a small world !」

先生がさやかさんを知っていたのには

Surprise!

|

« ミニ菜園造り その2 | トップページ | アオスジアゲハ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183945/57400140

この記事へのトラックバック一覧です: greensleeves and surprise:

« ミニ菜園造り その2 | トップページ | アオスジアゲハ »