« 梅もぎ | トップページ | ヨトウムシ »

2013年6月15日 (土)

群響第491回定期演奏会

群響HPより
指揮者 パスカル・ヴェロ
ハイドン/ 交響曲 第82番 ハ長調 Hob,Ⅰ:82「熊」
C.P.E.バッハ/ フルート協奏曲 ニ短調 Wq.22
フルート  新村理々愛
アンコール クマンバチ(かも?)
休憩
シューベルト/ 交響曲 第5番 変ロ長調 D.485
パスカル・ヴェロは
1959年生まれのフランスの指揮者で
主にフランスと日本で活躍し知名度が高い。
新村理々愛は小学4年生で
「題名のない音楽会」に初出演し、
以後何度も出演している。
近年は世界各地のコンクールで上位入賞している逸材。
ハイドンの82番は
ヴェロお得意のレパートリーで、
これまで何度も指揮している。
シューベルトの第5番は
作曲者19歳時の作品で、
《未完成》《ザ・グレイト》に次ぐ人気作品。
注 赤字はいちじんの追加
久しぶりの大雨
相合い傘で急ぐと
どうしても濡れる。
傘の持ち方が悪い、
傾け方が悪いと
言い争い。
あいあい傘ではなく
いいあい傘だ。
3曲ともメンバーが少ない編成で
良くまとまっていた。
新村のフルートは
なかなか良かった。
ヴェロは自信を持って
棒を振っていたので
余裕が感じられた。
今日は居眠りすることなく
全曲を味わえた。
終演後の触れ合いトークは
ダブルベースの○○と
バッスーンの○○だった。
指揮者ヴェルは基本的なことを
しっかり押さえる人だったので
今夜の演奏会が一番楽しく演奏できたと
言っていた。
帰りも
大雨だったが
時間に余裕があったので
「今夜のバロックは良かったね」
「最後まで眠らないで聴けたよ」
○いあい傘だった。

|

« 梅もぎ | トップページ | ヨトウムシ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183945/57601017

この記事へのトラックバック一覧です: 群響第491回定期演奏会:

« 梅もぎ | トップページ | ヨトウムシ »