« らんちたいむコンサート | トップページ | 新みかぼフィルハーモニック 第21回定期演奏会 »

2013年6月 8日 (土)

くさいものに蓋

匂いは見えない。

けれど、鼻で感じることができるから

蓋をして防ぐことができる。

放射線は見えない。

肉体では感じ取ることはできない。

ガイガーカウンター等の測定器具を使わなければ

あることを確認できないから、

測定器具が身近にないと

放射線の被害を防ぐことはできない。

放射線は確実に人体に影響を及ぼしている。

それは

癌治療に放射線が使われていることから

分かる。

強い放射線で癌を叩くことができる。

けれど近辺の正常細胞にも影響を与えてしまう。

そこで、局所に放射線を当てるための技術が

進んだのだ。

ということは

弱い放射線でも長い間浴び続ければ

人体に影響を及ぼすことは

自明の理だ。

でも、見ようとしなければ見ることはできない。

強い意志を持って見ようとしなければ

見えないのが放射線だ。

宇宙から多量の宇宙線が

地球を通過している。

わたしたちは無自覚に浴びている。

大量の通信電波を浴びている。

携帯電話を使って大量の電磁波を

脳の近くで浴びている。

電子レンジで大量の電磁波を

食事作りで浴びている。

そして、3.11の原発事故で

放出された放射能物質による放射線を

浴び続けている。

放射能に汚染された食物を

少なからず口にしている。

内部被爆も徐々に進んでいる。

報道は人体に影響の無い範囲と

言っているが、

それを否定している人たちも少なからずいる。

それらの人は

見えない放射線を

そしてチェリノブイリ等の放射線被害を

実際に見ている人たちだ。

放射線を見ている人たちが

危険だと言っているのに

放射線を見ようとしないわたしたちには

その危険が見えない。

|

« らんちたいむコンサート | トップページ | 新みかぼフィルハーモニック 第21回定期演奏会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183945/57545449

この記事へのトラックバック一覧です: くさいものに蓋:

« らんちたいむコンサート | トップページ | 新みかぼフィルハーモニック 第21回定期演奏会 »