« 応募 | トップページ | 「アルペジオ」第17回発表会 »

2013年6月29日 (土)

そっくりだった。

母方の親戚の葬儀に参列した。(11:00開始)

亡くなったのはM氏(1916年ー1982年)の妻、

93歳だった。

葬儀が始まる前に

思い出した。

M氏は今から31年前に急逝、66歳だった。

それは大きな葬儀だった。

参列した時、わたしは34歳だった。

子どもの頃、わたしが熱を出すと

母がM氏の医院へ連れてってくれたものだ。

M氏はニコニコしながら

いつも尻に

ペニシリン注射を打ってくれた。

強烈な痛さだったのを

今でも覚えている。

従兄弟1-2が

遺族席に座っていた。

住職の読経が済み、喪主の挨拶に

長男が立った。

31年前のM氏の葬儀では感じなかったのだが

長男の風貌がM氏にそっくりだった。

死までの様子を冷静に整然と語った。

語り口も

M氏にそっくりだった。

              合掌

|

« 応募 | トップページ | 「アルペジオ」第17回発表会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183945/57693698

この記事へのトラックバック一覧です: そっくりだった。:

« 応募 | トップページ | 「アルペジオ」第17回発表会 »