« ぐんまアマチュアオーケストラ サマーフェスティバル 2013 | トップページ | ダイコンの芽 »

2013年8月19日 (月)

準々決勝 前橋育英:常総学院戦

午後は、前橋育英と常総学院との熱戦を見た。

9回裏2:0で常総がリード。

前橋育英、2アウトランナー無しでこれまでと思ったら

それからがあった。

セカンドゴロのエラーで出塁、

次の打者が2塁打で

2アウト2塁3塁。

バッターはピッチャーの高橋、

右中間に3塁打を放ち2:2の同点。

延長10回裏

9番が4ボールで出塁、

1番がセンター前ヒットで1塁、2塁

2番がバンドで1アウト、2塁、3塁で

3番がヒットを打ち、2:3Xのサヨナラ勝ち。

9回表の相手ピッチャーの右足の痙攣というアクシデントから

このドラマは始まった。

常総学院は継投策

前橋育英はピッチャーの疲労を考えて交代策

8回までは

前橋育英の投手交代策は間違いだと思っていたが

常総学院の投手が過労で痙攣を起こしてしまったのを見て

前橋育英の新井監督の投手起用が

正しかったことが分かった。

監督の投手起用の采配が

勝負を決めた。

準決勝にコマを進めた前橋育英は

日大山形と21日の第1試合で戦う。

準決勝が楽しみだ。

|

« ぐんまアマチュアオーケストラ サマーフェスティバル 2013 | トップページ | ダイコンの芽 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183945/58023030

この記事へのトラックバック一覧です: 準々決勝 前橋育英:常総学院戦:

« ぐんまアマチュアオーケストラ サマーフェスティバル 2013 | トップページ | ダイコンの芽 »