« 木陶会11月例会 | トップページ | 真緋の会 11月例会 »

2013年11月14日 (木)

浅間隠山 「真緋の会」の原稿

10月17日、わたしたちが浅間隠山の山頂から降り始めて五分くらい経った時だった。下の方から賑やかな声がして来た。若者のグループが登って来るのかと思って道を譲ろうと避けていると、先頭の元気の良い男性は中年だった。

「テレビの取材です」と言う。すぐ後ろに美しい女性が2人いた。その後にスタッフがざっと十数人は付いていた。男性が話しかけてきたので、頂上は360度の展望だ。この辺りの紅葉はまだ少し早いが、この上は始まっている。去年はネパールのエベレスト街道を途中まで登った。三浦雄一郎さんが80歳でエベレストを登頂したが、彼が辿ったコースと同じだったので驚いた。今年はカナダのウィスラーに行って氷河の上を登ってきたと答えた。

さらに、どうして山に登るのかと訊かれた。「そこに山があるからだ」と答えたのでは月並み過ぎるので 、山に登るのは手軽に達成感が味わえるからだ。苦労して登った時ほど達成感が大きいので、山に憑りつかれた人の気持ちが 最近少し分かってきたと言った。

この話をしている間中、カメラが回っていた。取材はテレビ東京で11月2日(土)18時30分からの特番で放映するとのこと。このことは当日までオフレコ。元気の良い男性も2人の山ガールもタレントなのだろうが見たことが無い人たちだった。その集団から分かれてしばらくしてまた3人のテレビ東京の人たちが登って来た。今夜の宿を訪ねたら「鳩の湯」とのこと。多分、「紅葉の山と秘湯めぐり」などというタイトルで鳩の湯と浅間隠山の紅葉が紹介されるのだろう。その時、もしかしたらわたしたちとの出会いが・・・

まぁ、無理だろうなぁ。

        ☆

11月2日の朝、テレビ欄を見た。18時30分からのテレビ東京の番組だ。土曜スペシャルで2時間30分の番組だった。わたしたちが浅間隠山で出会った若い男性は「パンチ佐藤」さんだった。彼のことは知ってはいたが会った時は、思い浮かばなかった。どうりで元気が良かった訳だ。美しい2人山ガールは女優の「根本りつ子」さんとタレントの「村井美樹」さんだった。この2人は名前を見ても知らなかった。その夜、どんな風に浅間隠山登山が紹介されるのだろう。わたしたちとの出会いは如何に・・・

多分、登場はしないと思うがこの日、彼らと出会ったことは事実なのだ!

             ☆

18時30分からテレビ東京の「土曜スペシャル」が始まるのを待った。念のため録画のセットをした。浅間隠山、榛名山、赤城山の3山を踏破する山旅の番組だった。

浅間隠山が最初だったので始めから見ていた。降りてくる人との出会いが2回ほどあったが、違った。わたしたちとの出会いはカットされてしまったかなと言っていたら、青い帽子と髭男との出会いの場面が映った!

男性から山の魅力を聴かれた時、答え方を考えていたら、妻が即座に答えているところがそのまま放映された。私の場面は話した最後の結論の部分だけだった。話した内容の10分の1位だった。

その後、ナレーターが妻の言った言葉を繰り返した。

「どんなに辛くても、また来たいと思わせる山の魅力・・・」

付記

 

録画から

出会った時、元気な中年の男性が

「テレビの撮影です!」

「え! テレビの撮影ってウソでしょう!」

9dsc_0575

「どうして山に登るんですか?」

「登るのが大変なほど達成感が大きいので、より高い山に挑戦する登山家の気持ちが最近少しわかってきました」

6dsc_0574

わたしの山の話に人がこんな表情をしていて聴いていた。このテレビ放映を見たという電話がいくつかかかってきた。一番早く来たのは何も伝えていなかった直ぐ前の家のKさんからだった。何と、息子さんがテレビ東京に勤めているので、いつもテレビ東京を見ているそうで

「今夜は、裏んちの二人が出ていたのでビックリしましたよ」との電話だった。それを聴いて私たちも驚いた。

その夜は、三人の叔母さんたちから見たという電話があった。後日、友人や知人からテレビ見たよという電話がいくつか来た。

            2013.11.14

|

« 木陶会11月例会 | トップページ | 真緋の会 11月例会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183945/58574582

この記事へのトラックバック一覧です: 浅間隠山 「真緋の会」の原稿:

« 木陶会11月例会 | トップページ | 真緋の会 11月例会 »