« ザ・キング・オブ・タンゴ | トップページ | 高崎えびす講 »

2013年11月16日 (土)

群響 第495回定期演奏会

会場 群馬音楽センター

時間 18:45~20:30

群響のHPより

指揮:デリック・イノウエ Conductor:Derrick Inouye 

ピアノ:デジュー・ラーンキ Piano:Ránki Dezsö  

モーツァルト/ 歌劇《ドン・ジョバンニ》KV527より 序曲 

R.シュトラウス/ メタモルフォーゼン(23の独奏弦楽器のための習作) 

ブラームス/ ピアノ協奏曲 第2番 変ロ長調 作品83

ドン・ジョバンニ序曲

イノウエの指揮は自身に満ちたもので

良くまとめていた。

メタモルフォーゼ

弦だけの演奏で23人かと思ったら

もっとたくさんの演奏者がいた。

平板な曲想で変化に乏しいものだった。

ピアノ協奏曲第2番

ピアノ協奏曲でも難解な技巧を要する曲だそうだが

ラーンキが力強く堂々と演奏した。

ピアノを叩いた後、手を上方へ上げる仕草が

きまっていた。

6回くらい拍手に応えて

会場に挨拶に出たが

アンコールの演奏は無かった。

ふれあいトーク

ビオラの池田さん

 大好きなメタモルフォーゼの要として

 頑張ったとのこと。

ホルンの湯川さん

 第2番の出始めはホルン、

 大分緊張したとのこと。

|

« ザ・キング・オブ・タンゴ | トップページ | 高崎えびす講 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183945/58590086

この記事へのトラックバック一覧です: 群響 第495回定期演奏会:

« ザ・キング・オブ・タンゴ | トップページ | 高崎えびす講 »