« 木陶会12月例会 | トップページ | 上毛新聞 チャリティーオークション »

2013年12月12日 (木)

石原裕次郎 その1

今回の芝居で名優・石原裕次郎と

少し縁があったので気になっていた。

1昨日の朝日新聞に彼の記事があったので

読んでみた。

嵐を呼ぶ男

控室でも常に練習

「おいらはドラマー、やくざなドラマー・・・」

という歌は覚えている。

彼はドラマー役をするのに

人一倍努力したそうだ。

控室でも練習してジャズプレイヤーに

成ろうとしていた。

この映画の井上梅次監督の言葉

「もともと難しいことをさりげなくやるポーズをとる

裕次郎であるから、

わたしたちに少しの弱音を吐かなかった。

それだけに隠れた苦労は大変だったと思う」

裕次郎の一番好きな映画は

「第三の男」で

オーソン・ウェルズの演技を

熱く語っていたという。

日本映画では

小津安二郎、市川崑だったそうだ。

昭和9年生まれの彼が生きていれば

79歳だ。

ウィキペディアより

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9F%B3%E5%8E%9F%E8%A3%95%E6%AC%A1%E9%83%8E

|

« 木陶会12月例会 | トップページ | 上毛新聞 チャリティーオークション »

コメント

今度の芝居でICHIJINさんの役名をお客様に紹介するのが私です。大きい声ではっきりゆっくり演りたいと思います。お客様に大ウケするように頑張ります。

投稿: Kumachan | 2013年12月12日 (木) 16:26

そうでした。
Kumachan の最初のセリフでした。
よろしくお願いします。

投稿: いちじん | 2013年12月13日 (金) 06:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183945/58742849

この記事へのトラックバック一覧です: 石原裕次郎 その1:

« 木陶会12月例会 | トップページ | 上毛新聞 チャリティーオークション »