« 高崎演奏家協会 第33回定期演奏会 | トップページ | 井野川で鳥見 »

2013年12月 3日 (火)

ミヤマガラス

野鳥の会群馬県支部の掲示板に

12月1日にミヤマガラスが現れたと

画像が載った。

何と場所はわたしのフィールド!

まだ一度も見たことがないので

行かない訳にはいかない。

早速、13:30に出動。

アカシアの木にカラスが

沢山とまっていた。

スコープで覗いてみたが

よく分からなかった。

111dsc_0647

当地で見かけるのは

ハシブトガラスとハシボソガラスだ。

それらのカラスのようにしか見えなかった。

ミヤマガラスの特徴は

嘴の基部が白っぽいことだ。

なかなか見つからなかった。

数十羽の群れは南の田圃へ移動したので

その方へ歩いて行った。

スコープで覗くと

嘴の白っぽいのが確認できた。

2~3羽だ。

更に南へ移動。

電線にとまったのもいた。

電線にとまったのを見ていったら

ミヤマガラスだった。

12dsc_0687


13dsc_0692


14dsc_0696


15dsc_0711


16dsc_0715


17dsc_0718

それからカラスたちは東の方面へ移動した。

沢山いるカラスの中から

ミヤマガラスを見つけ出せるようになった。

ハシボソガラスより少し小さくて

嘴の基部が白いのが

ミヤマガラスだ。

18dsc_0034

|

« 高崎演奏家協会 第33回定期演奏会 | トップページ | 井野川で鳥見 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183945/58693721

この記事へのトラックバック一覧です: ミヤマガラス:

« 高崎演奏家協会 第33回定期演奏会 | トップページ | 井野川で鳥見 »